岸際 岩 写真

池が減水して岩肌が丸見えになってきた!岩盤エリアでバスを釣るにはどうすればいいの?おすすめルアーやアプローチ方法を徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

水深の下がった池で浮かんでみました。

平常時と比べて、1メートルは減水しているでしょうか。

その恩恵として、岸際にさまざまな光景が。

岩肌が丸見えになっています、ここを攻略してみましょう。

池の岸際は赤土だけではない!

池は、灌漑用水を溜めるために作られているものがほとんど。

当然しっかりした地形基盤のあるところに貯水しないと、池そのものが崩れてしまいます。

池に接する山肌は赤土混じりですが、こんなふうに岩盤が剥き出しになっている場所を発見できることがあります。

岩は耐久性が高いので、貯水そのものを下支えしてくれているのかもしれませんね。

岩盤エリアの特徴とは?

実はこの岩盤、水通しが良いことで知られています。

ということは、生き物が集まりやすいですよね。

それから、音が発生したときの反響も、軟らかい地質と比べて大きいようです。

となれば、音を発するルアーを使えば、遠くにいるバスを引き寄せられるかもしれません。

まずはワームでチェック!

まずはワームを放り込んでみました。

居付いていた子バスが、カンタンに食い付いてきましたよ。

でもこれは単に、そこに居たから食ってきただけ。

岩盤を利用して引き寄せたものではありません。

音と岩盤を絡めるためにポッパーを選択!

そこで、音を発生するポッパーを投入してみました。

他のルアーではアクションさせると、この岩盤エリアから離れてしまいます。

凹み口を搭載しているポッパーなら、ほぼ定位置のままスプラッシュを飛ばし、音を起こすことができます。

粘ること15分、先に釣れた子バスよりも大きなサイズが釣れました。

うまい具合に回遊してきたのか、それとも音に引き寄せられたのか。

何度もチャレンジすれば、音と岩盤の密接な関係を、もっと深く理解できるかもしれませんね。

ルアーの特性と釣り場環境を組み合わせながら、バス釣りの有効なアプローチを生み出してみましょう。

岩盤エリアでおすすめのアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング