ロッド 写真

エアマスターは2018年新発売の渓流竿!本流エリアで尺ヤマメや大型サツキマスクラスを狙うための最新アイテム!

FISHING JAPAN 編集部

2018年ダイワから新発売となるエアマスターは、渓流釣りで用いる軽量延べ竿です。

本流エリアで尺サイズのヤマメやイワナを獲りたいときに使いましょう。

その特徴や製品スペックをピックアップしてみました。

エアマスターの基本情報!どんな渓流延べ竿なの?

エアマスターは、本流エリアで尺ヤマメクラスを狙うのに使うための渓流延べ竿です。

全長は、9メートル。

マルチレングス機能を搭載しているので、8.5メートル竿として使いながら、瞬時に9メートルまで延ばすことができますよ。

大型魚が掛かったときのやり取りを、優位に進めることができるでしょう。

エアマスターは最新のダイワテクノロジーが加えられた軽量ロッド!

このロッドは、竿全体で弧を描く調子に仕上げられています。

ブランクの素材には、SVFナノプラスやX45を始めとした最新のダイワテクノロジーが加えられ、中節部分は無塗装=アンサンドフィニッシュを採用しています。

これにより、塗装による持ち重りや感度・操作性の低下を減らしているのです。

本流を狙うロッドとしてのパワーは十分!

エアマスターは247グラムと軽量ですが、パワーは十分。

尺前後のヤマメ・アマゴから40センチを超えるサツキマスまで幅広く対応することが可能です。

穂先にはメタカラマンを搭載!

このロッドの穂先には、メタカラマンを搭載しています。

仕掛けを取り付ける部分が、自由に回転する構造になっていますよ。

これにより、糸ヨレや糸絡みが起こりにくいのがメリットです。

2018年新発売の製品スペックはこちら

エアマスター長さ(m)継ぎ数仕舞寸法(cm)自重(g)先径/元径(mm)適合ハリス(号)マルチ(cm)メーカー希望本体価格(円)
90M9.009122.72471.3/25.70.2-1.250(85から90へ)105,000

このロッドには、固着防止リングが付けられていますよ。

振出竿の節の出し入れ時に、固着するトラブルを防ぐための加工技術を指しています。

合わせの接合部に空気の層を作る溝=リングを切って、各節の太さやアワセ部の長さに合わせて加工することで、固着トラブルを軽減してくれます。

エアマスターは、2018年11月に発売予定です。

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング