浅瀬 写真

ベイトフィッシュが超浅瀬で群れているのを発見!バスが入って来れそうにない水深だけど何とか効果的に活用できないの?

FISHING JAPAN 編集部

水深が5センチから15センチくらいの超浅瀬、足を浸けても長靴なら余裕で歩けてしまうところを、実際に歩いてみましょう。

池や湖なら、上流部へ行くと見つけられますよ。

足の裏に伝わってくるのは、砂利を踏んだときの感覚。

水は透明で、底の様子がくっきりと鮮明にとらえることができます。

超浅瀬にベイトフィッシュの群れを発見!

あまりによく見えるので、風が止むまでそのままでいると、あちこちにベイトフィッシュの群れが泳いでいます。

体長1センチから5センチくらいでしょうか、泳いでいるというよりは、その場に浮いているようです。

かなり大量にいますから、バスの格好の捕食対象になるでしょう。

バスの体高だと引っ掛かって入って来れないかも・・・

でもこんなに浅い水深だと、バスは入って来れません。

背びれが水面から出てしまうでしょう。

もしかすると、自分の身の安全を確保するために、ベイトフィッシュの群れはこの場所を選んだのかもしれませんね。

沖合いのブレイクラインを活用してみよう!

視線をここから沖合いのほうへ向けると、当然深くなっていきます。

そのブレイクラインより沖なら、バスが潜んでいても不思議ではありませんよね。

そこからベイトフィッシュを睨んでいると想定して、ひとつのアプローチを思い付きました。

クランクベイトを選んでアプローチ開始!

しっかりと水押しをするクランクベイトを用いて、沖合いからこの超浅瀬に向かってリトリーブしてみたのです。

ある一定の水深までは、クランクベイトは泳げますが、リップが底に当たった瞬間、砂煙が舞い上がり、つんのめってしまいます。

そのタイミングでロッドティップを真上に持ち上げ、リップで底を削りながら、もっと浅いエリアまで進入させました。

ベイトフィッシュは驚き、ハイスピードで飛散します。

中には水面から飛び出すものまでいましたよ。

そのアプローチを何度も繰り返していると、クランクベイトの波動が伝わった段階で飛散し始めるベイトフィッシュが現れます。

より遠くへ逃げようとするのですが、幾匹かはブレイクラインのある沖を目指すものも出てきましたよ。

ブレイクライン付近なら、バスも進入できます。

操っていたクランクベイトを、次のキャストでブレイクライン目指して投げ入れ、逃げて来たベイトフィッシュを襲う素振りを見せてやると・・・画像のようなバスにアタックされたのです。

このアプローチ、状況を想定して釣り人側が作り上げるところに、面白味が凝縮されています。

ぜひチャレンジしてみてください。

水押し効果の高いおすすめアイテムはこちら

ジークラック(GEECRACK) ルアー アヴァンティマグナムDR ローサウンド 006 レッドグロー.

ジークラック(GEECRACK) ルアー アヴァンティマグナムDR ローサウンド 006 レッドグロー.

最安値価格
取扱なし

Amazonへ 売り切れ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング