ギル 写真

漂流物がたどり着いて堆積したカバーをチェック!秋のビッグバスを釣るために必要なのはカバーに寄るブルーギルかも?

FISHING JAPAN 編集部

秋が深まってくると、さまざまな自然環境の影響を受けるので、バスの動きが変わってきますよ。

これまでカンタンに釣れていた場所にルアーをキャストしても、無反応なケースにたびたび遭遇します。

バスはどこかへ行ってしまったのでしょうか?

目に見えるカバーを撃つだけでは足りない!

バスの居そうな場所として真っ先に挙げられるのが、目に見えるカバーです。

折れた枝や葉が重なっていて、こういうところにルアーをキャストすれば、十中八九釣れていました。

でも、よく見てみると・・・。

秋は小動物もバスも活発に動き回っている!

カバーに近づいて見てみると、春や夏ほどもバスの姿を見かけません。

実はバスだけでなく、そのエサとなる小動物もお出かけして居ないのです。

秋は活発に動き回る小動物が増えますから、バスも捕食のために追いかけているのかもしれませんよ。

漂流物をチェック!

でも、やみくもにルアーをキャストするだけでは、なかなか釣ることは難しいでしょう。

そんなときの目安として、漂流物があります。

風で水面を流される漂流物は、その日によって堆積する場所を変えます。

流れ着いた場所はほとんどの場合、風下でしょう。

当然その流れに乗って、小動物も混じる可能性が出てきますよ。

そこにブルーギルが!

岸際の固定カバーよりも、その日に出来上がる漂流物カバーを目標に、ルアーをキャストしてみましょう。

小動物を狙って小魚たちが集まってくるでしょうから、それに似たルアーでアプローチを組み立ててみるのです。

例えば、ブルーギルに似たタイプのルアーなら、フィットしそうですよね。

バスが小動物を捕食することもあるでしょう。

しかし、ビッグサイズのバスを狙おうと思ったら、ルアーを小動物に合わせるのではなく、それらを食べにやってくる肉食系の小魚=ブルーギルに合わせるほうが、釣れる確率は高くなります。

風の向きを把握しながら、ルアーをどちらから漂流物にぶつけていけばいいのか、あれこれ試しつつベストなアプローチラインを見つけ出してください。

ブルーギルに似たおすすめのアイテムはこちら

ジークラック(GEECRACK) ビッグベイト タイニーギリング75SS 75mm 10g マヅメギル #037 ルアー

ジークラック(GEECRACK) ビッグベイト タイニーギリング75SS 75mm 10g マヅメギル #037 ルアー

参考価格:¥2,206

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング