クロダイ 釣り人 防波堤 海 青空 写真

秋空の神戸七防で、魚体もきれいな良型クロダイを釣ろう!タナやエサってどう変わる?ポイントの探り方や釣法までプロ目線で徹底解説します!

FISHING JAPAN 編集部

秋真っ盛りの神戸七防は、良型のクロダイが多く、回遊特有のグリーンがかったきれいな魚体で、見た目からも落とし込み釣り師を楽しませてくれますね。

今回は、そんなクロダイ落とし込み釣り(秋バーション)について、釣行記録を基にお教えしましょう!

タナやエサの変化はどう判断する?

エサは、イガイからフジツボなどへエサ変わりする時期ですが、この日はイガイ1本でも問題はありませんでした。

一般的に夏のお盆を過ぎた頃から、堤防についているイガイが落ち出すことが多くなります。

場所によっても変わりますが、今夏のように35度を超えるような異常高温や強風を伴った台風などの影響で、イガイが堤防からとれて、無くなることもよくあります。

それに伴ってエサも変化します。

イガイからフジツボ、イワガニなどがアタリエサになっていきます。

タナの変化は段々と深くなることが多いのですが、潮も澄んできますので、上ダナでエサを捕食するクロダイも見えることが多くなります。

矢引ぐらいで喰ってくるような、サイトで狙えるクロダイならフジツボが一番ですね。

一般的には、タナは3ヒロ以上も探っていくことになります。

サイトで釣れるクロダイの釣り方と条件

平日など釣り人が少ない時は、クロダイも安心して一文字の水面直下でエサを捕食しているので、堤防の際を見ながら、浮いているクロダイを見つけることもできます。

釣り人が多い時は、朝一番、人が入る前に先陣を切って、堤防の際を見ながら浮いている魚を探しましょう。

この時、堤防の低い内側よりも高い外側のほうがクロダイに気配を察知されにくいので、釣りやすいですよ。

また、釣り人が入っても、人がいなくなって一定の時間が過ぎると、再びクロダイが浮いてくることがありますよ。

外側と内側、どっちが良く釣れる?

神戸七防の釣れるポイントはいくつかありますが、潮や季節によって変化するポイントや、コバなど常にクロダイが寄って来る可能性が高いポイントがあります。

では、足場の良い内側と高さがある外側では、どちらが良く釣れるのでしょうか?

それは、季節や状況によって変わってきます。

潮の濁り、風当たり、サラシ、時間帯によっても変化することが多いですが、大体、その日の状況で、どちらがいいかが決まってきます。

周りの釣り人を見て、どこで竿が曲がっているか、よく観察してみましょう。

目印釣りとヘチ釣りの選び方

一般的には秋はタナが深くなるので、ヘチ釣りが有利だと言えます。

しかし、目印釣りとヘチ釣りは、単に狙うタナによって決めるだけではありません。

足場の高い堤防で横風が強いとき、空中にでている道糸が多くなり、風の影響をかなり受けて、道糸でアタリをとることが困難になることがあります。

そんな時、目印釣りだと竿も長く、風の影響を受けにくい水面に目印を払い、アタリを見ることができます。

もう1つ、目印釣りの場合、使用するオモリのガンダマは、ヘチ釣りに比べて半分以下で済むため、エサをゆっくりと落としていくことが可能になります。

狙うタナでキザミながら、深ダナで止めてアタリを作っていく時も、状況によってはかなり効果的になる場合はありますよ。

クロダイ以外のお魚も釣れており、70cmオーバーのカンダイが釣れることもありました。

神戸七防ヒットポイント

この日はクラブの例会日で土曜日でしたが、七防の外側でアタリが多く、落とし込み釣りの醍醐味を味わうことができました。

内側は底でキビレが釣れていたようです。

サイトでフジツボの餌で何枚かあがっていましたが、それ以外は、3ヒロから4ヒロぐらいのタナが多かったようです。

3番の先、外側にあるミニ灯台と呼ばれるポイントでも、奥のほうであがっていました。

ミニ灯台の内側から4番の階段にかけても良かったですよ。

秋の落とし込み釣りは、サイトで見つけることができる視力と、好ポイントを探れる足が必要のようですね。

釣り人の皆さんも、今回の釣行記録やアドバイスを参考に、秋のクロダイ釣りに挑戦してみてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング