タイラバ 写真 海 ロッド

釣り人必見!もう試してみた?タイラバの進化系ルアー、ショアラバで岸から手軽にタイを狙おう!

FISHING JAPAN 編集部

タイラバとは、もともと船から沖のタイを狙うために考案されたルアーですね。

ヘッド、ネクタイ、スカートの3つのパーツからなり、タイに限らず大型の青物も釣れることから人気です。

今では、遠投が可能なキャスティング用タイラバも登場し、初心者も手軽にトライできますよ。

そんな進化したタイラバについて、ご紹介していきましょう!

タイラバの各パーツが役割を果たす

タイラバのパーツの1つ、ヘッドは仕掛けを沈める重しの役目を担っています。

海中で水流を受けて動いたり、流線形にして遠投に対応するモデルもあります。

シリコンやゴムの薄い板状で、海中でヒラヒラと揺れて魚を誘うのが、ネクタイです。

ネクタイはよく目立って、魚が食い付いてくる部分なのでちぎれることが多いです。

そのためスペアのネクタイを用意しておくといいでしょう。

細い糸状のものが束になっているのが、スカートです。

リールで引かれると、魚のボディのような形状となります。

これら3つのパーツの色合いとキラキラ感を組み合わせることで魚を誘います。

本来タイラバは、船釣り用で100g、200gと深場を狙うタイプがほとんどでしたが、最近は、数十グラムのキャスティング向けも登場しています。

ショアラバに向くポイント

ショアラバに向くポイントは、水深20mほどある堤防です。

タイは海底から根がそそり立つような場所を好むので、キャスティングしたらタイラバを底まで沈めてから、巻いては落とす、を繰り返して誘いましょう。

ショアラバで狙える魚はタイに限りません。

小魚に見えるスタイルとゆらゆら揺れるネクタイが、いろんなフィッシュイーターの捕食スイッチをオンにします。

青物からヒラメ、根魚など幅広く狙えますよ。

さらに、潮通しの良い場所は魚が回ってくるので、回遊魚も狙えます。

こういった場所はジグにも向くので、タイラバでアタリが無かったらジギングなど、パターンを変えて続けるのが効果的ですよ。

ショアラバ用タックルとは?

ショアラバでは遠投能力が問われます。

8~10フィートのロッドで、穂先はあまり硬いとアタリを弾いてしまいます。

やや柔らか目で感度のいいロッドがおすすめですね。

シーバスやエギングロッドでも代用できますよ。

リールは中型のスピニングリールで、3000番台から4000番台になります。

ラインはPE0.8~1.5号で、150mは巻いておきたいところです。

釣り方は、タイラバを縦に動かすように巻いて落とす、を繰り返しましょう。

アタリがあっても大きく合わせないでリールを巻き続け、しっかり食い込ませて重さを感じたら、ロッドをあおってフッキングを確実にします。

岸から幅広い魚を狙おう!

船釣りだったタイラバが進化し、岸からも手軽に楽しめるようになったのがショアラバです。

それだけタイラバには魚を誘う魅力があります。

岸辺を歩き回ってポイントを探す場合は、メタルジグと一緒にぜひ、タイラバもタックルボックスに入れておきましょう。

状況に応じで、使い分けができれば釣りの楽しさが、さらに広がりますよ!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング