虫 写真

カマキリが水際にいるところならバスもそばにいるの?釣り場の状況をしっかり把握しながら当日の釣り方を組み立てよう!

FISHING JAPAN 編集部

大きなカマキリが水際に陣取っています。

お腹にハリガネムシが居てここに来たのか、はたまた獲物を狙っているのか、しばらく観察してみることにしました。

カマキリは待ち伏せの名人ですから、そばを通りかかった生き物を一瞬で捕獲し食べてしまいますよ。

カマキリは水際で何をしているの?

でも水際で何を待っているのでしょう?

まさか水中を泳ぐ小魚やオタマジャクシを襲うなんてことは、有り得ませんよね。

カマキリとよく似た腕を持ったタガメなら、そういう捕獲シーンを見かけたことはありますが・・・。

水面に落ちた虫を待ち伏せして捕食している!

どうやらカマキリは、水面に浮かぶ虫を見ていたようです。

着水に失敗したトンボやコオロギ・バッタなどが、荒れた天候の翌日にはよく浮いていることがあります。

なんとか這い上がったところにカマキリが待っているなんて、ちょっと可哀想ですが。

周りにバスの影が!

ただ、このカマキリの周辺を観察すると、複数のバスが泳いでいるのが見つかりました。

カマキリと同じように、水面に浮かんでいる虫を捕食していますよ。

ということは、水際でカマキリを発見したら、そのエリアにルアーをキャストすればバスが釣れる可能性が高いことになります。

虫っぽい静かな着水音を再現しよう!

実際に虫っぽく見えるルアーを投げてみましたが、すぐには反応がありません。

そこで、より小さなサイズのルアーに変更してみたら・・・カバッ!と水面が割れてルアーが消えていきました。

虫っぽい静かな着水音が重要なのかもしれませんね。

水中の状態が、いつでも把握しやすいケースばかりではありませんから、そういうときは地表の状況を見て、バスの有無を判断したいものです。

バスの居場所さえイメージできれば、ルアー選びはもちろん、集中力やキャストの精度まで良い方向に変わっていきますよ。

釣り場では徹底した情報収集に努めるようにしましょう。

虫そっくりの外観でバスを誘えるおすすめアイテムはこちら

Megabass/メガバス BEETLE-X/ビートルエックス FUR FINISH

Megabass/メガバス BEETLE-X/ビートルエックス FUR FINISH

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング