バス 写真

これまであまり攻めたことのない池の沖へルアーをキャストしてみよう!沖のポイントの攻め方とルアーの選び方!

FISHING JAPAN 編集部

池の至るところにバスは存在しています。

でも、ルアーをキャストする先は、カバー周りが大半を占めますよね。

朝イチから、それらのカバーは多くの釣り人に叩かれ、何匹ものバスが釣られているはず。

そうなると同じカバーから、次のバスをその日のうちにひねり出すのは、かなり難しいかもしれませんね。

カバー狙いではなく他のポイントへルアーをキャストしてみよう!

そういう状況におかれたら、あなたならどうしますか?

別の池へ移動しますか?

それはちょっと思いとどまってもらって、ぜひ目を向けて欲しいポイントがあります。

それは、沖です。

岸際のカバーエリアとは真逆ですから、ほぼ手付かずのまま放置されているエリアといえるでしょう。

沖を積極的に攻めよう!

池の沖合いを観察したことがありますか?

「そんなところにバスはいないよ~っ!」

本当にそうでしょうか?

そう言い切れるほどもルアーをキャストしていない!というのが実情のはず。

この機会にキャストしてみましょう。

水面の変化を知るには・・・

ルアーをキャストする際、ただやみくもに投入しても釣れる気がしません。

バス釣りのゲームプランを組み立てようと思えば、やはり確信を持って行動したいですよね。

まず最初にやりたいこと、それは、沖の水面の変化をキャッチすることです。

耳で音をとらえる!

ぼんやり沖を眺めていても、変化には行き当たりません。

耳をすましてください。

そして今から起こる音を感知しましょう。

沖で起こる音といえば、生き物が水面に飛び出した際の発生音がほとんど。

その中には鯉もいれば亀もいますが、当然バスもいます。

音を感知したにすぐにそちらの方向を目でとらえ、ルアーをキャストしましょう。

最近は鯉がバイトしてくるケースもありますが、着水したルアーが水中に消えたら、バスと考えていいでしょう。

沖の釣りでの注意点は、ルアーの着水音で水面下にいるバスを驚かさないこと。

大きくて重いルアーのほうが飛距離を稼げるのですが、大きな着水音はデメリットしかありません。

ごく小さな着水音に抑えるために、7グラム前後の細身のトップウォータープラグを選んでください。

沖の音の起点に着水させたら、しばらくはアクションさせずに、水面から持ち去られるのを待ちましょう。

沖は身を隠すためのカバーが存在しませんから、バスはすぐに食い付いてこないことがあります。

いかに我慢強く待てるか?が、この釣り方のキモになるのです。

着水音を抑えられる小さくて細身のおすすめアイテムはこちら

スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト ヘドン ザラパピー 3インチ 70mm 1/4oz 7g Gフィニッシュパールレッドヘッド G28 ルアー

スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト ヘドン ザラパピー 3インチ 70mm 1/4oz 7g Gフィニッシュパールレッドヘッド G28 ルアー

最安値価格
¥1,639(amazon)

Amazonへ ¥1,639

スミス」カテゴリの人気記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング