ルアー 写真

クロールアップは2018年新発売のクランクベイト!根掛かりを極力回避するためのボディバランスとリップデザイン!

FISHING JAPAN 編集部

DSTYLEから2018年新発売となるクロールアップは、同メーカー待望の初クランクベイトです。

ジャッカルとの共同開発ということですから、どんなルアーに仕上がっているか興味津々ですね。

その特徴や製品カラーラインナップをピックアップしてみました。

クロールアップってどんなクランクベイトなの?基本スペックはこちら!

クロールアップは、バストーナメンター・青木大介プロが開発に取り組んだクランクベイトです。

サイズは、全長48ミリとコンパクトで、自重6.5グラムのフローティング仕様。

フックは、トレブルフックの8番が標準装備されています。

クロールアップにはブリーディングカラーが施されている!

このクランクベイトは、エラ部分がくっきりと赤く塗られています。

いわゆるブリーディング=傷付いて流血している小魚の様子を模している仕様が、施されているのです。

本場アメリカでは、この仕様のルアーをよく見かけますから、その辺をイメージして採用しているのかもしれませんね。

実際に、エラから腹部にかけて赤を配色すると、バスの反応はよくなることが多々あります。

弱った小魚のほうがとらえやすい!と、バスが判断しているからでしょう。

リップはラウンド形状!

クロールアップのリップ形状は、ラウンド=丸い形状です。

底やカバー、ストラクチャーなどに触れたときに、根掛からず舐めるようにかわしてくれるメリットがあります。

反面、スクエアリップのようなキビキビ感はスポイルされがちになりますが、ボディがコンパクトでしかもフローティングなので、上手くバランスは取れているのではないでしょうか。

潜行深度は約1.5メートルのシャローレンジ!

このクランクベイトの潜行深度は、約1.5メートルに設定されています。

いわゆるシャローレンジになりますが、そこにバスが集まって捕食を活発におこないますから、数多くのバスを連れ帰ってくれるに違いありません。

2018年新発売のカラーラインナップはこちら

クロールアップには、計8種類のカラーがラインナップされています。

●ナチュラルトリックカラー

●キンクロカラー

●ゴールデンボンバーカラー

●チャートギルカラー

●BOクローカラー

●ホワイトシャッドカラー

●ブルーバックチャートカラー

●フラッシングワカサギカラー

クロールアップは、2018年10月に発売予定です。

開発担当者による実釣インプレ解説動画はこちら

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

D-BLADE(ディーブレード) 10g ブラウンシャッド

D-BLADE(ディーブレード) 10g ブラウンシャッド

参考価格:¥1,274

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング