葉 写真

水面に接している葉や枝を攻略するにはどうすればいいの?スキッピングでは対応できないオーバーハングを積極的に攻めてみよう!

FISHING JAPAN 編集部

増水で水位が上昇してしまい、突き出た枝や葉と水面にほとんど隙間がない!という状況に出会ったことはありませんか?

隙間どころか、葉が水に浸っているケースも。

そんなとき、どうやって攻めたらいいのでしょう?

いつも攻めていたオーバーハングが水に浸かっている・・・

釣り場に着いて、岸際をチェックします。

バスが居そうなオーバーハングを見つけたのですが、ほぼ水に浸かってしまっていました。

少し前まではこんな状態じゃなかったのに・・・。

ルアーをキャストする向き・角度を変えて攻める!

ここまで水面が近いと、スキッピングで隙間にルアーを入れることも難しいでしょう。

こういうときは、ルアーをキャストする向き・角度を変えます。

具体的には、スキッピングはおこなわず、オーバーヘッドキャストでテンプラ投げに近いキャストをするのです。

真上からふわりと落とす!

ふわりとキャストしたルアーを、葉の真上から落としてみましょう。

当然葉に当たりますが、ルアーの重みと空中からの勢い付いた落下速度で、見事に貫通してくれますよ。

それを成功させるためには、重めで薄いボディフォルムのトップウォータープラグを選択します。

トップウォータープラグを選択!

何故テキサスリグなどのワーム系リグを使わないかというと、着水した後にルアーを水面に浮かしたいからです。

そうすることで表層を意識しているバスをターゲットにできますよね。

確かにテキサスリグなら引っ掛からずにアプローチできますが、浮力がないので一気に底まで到達してしまいます。

浮いているバスや上を向いているバスに対しては、少しだけ弱いアピールになってしまうのを、トップウォータープラグでカバーしようというわけです。

このアプローチで釣れるバスのサイズは、大きいように感じます。

その理由は、ぜひあなたが実釣で体感して確かめてみてください。

葉を貫通したルアーをすぐ引き出そうとすると、当然のように引っ掛かります。

バスがバイトしてくるまで待てるかどうかも重要になってくるでしょう。

葉や枝に擦れても安心のおすすめアイテムはこちら

エバーグリーン(EVERGREEN) ナイロンライン バスザイル フレックスハードHD 100m 20lb カムフラージュパステルブラウンカラー

エバーグリーン(EVERGREEN) ナイロンライン バスザイル フレックスハードHD 100m 20lb カムフラージュパステルブラウンカラー

最安値価格
¥1,322(amazon)

Amazonへ ¥1,322

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング