アジ 南蛮付け 写真

アジ料理を極めよう!握りやフライ、変わり種までアラカルトに変身!?骨の髄までうまい絶品アジ料理を伝授します!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、アジの語源って知ってますか?

それはまさに「味」から来ていると言われています。

アジそのものの美味しさを讃えて名付けられたそうですよ。

確かに、おいしい魚ですよね。

調理法は数多くありますが、今回はその中から、美味しくて見栄えもいい料理、普段あまりお目にかからない料理などをご紹介していきましょう!

豪快に食す!アジ丼

簡単で美味しいのがアジの丼ぶりです。

アジは三枚に下ろして腹骨と血合いの骨を取り除き、適当な大きさに短冊切りにしておきます。

タレは、醤油とミリンに少量のごま油を混ぜ合わせ、煎りゴマも加えると香ばしさが出ますよ。

ご飯の上にアジの切り身を並べ、タレをかけてから刻んだ大葉と下ろし生姜を天盛りにして完成です。

食べる時は、全部混ぜ合わせて豪快にかき込んで下さいね。

タレに絡まったアジの身がずいぶん甘く感じられますよ!

特にお酒の後、小腹が空いた時にお勧めです。

アラまで使う!アジの潮汁

お刺身を作った後のアラで潮汁を楽しみましょう。

上品な旨さが伝わる一品ですよ。

まず、アラはさっと湯通しして、臭みを取っておきます。

これを、沸騰させた鍋に入れ、塩だけで味を調えます。

ダシが出たら、刻みネギかカイワレ大根を散らして完成です。

臭みが抜け、アジの旨みに塩が絡んで甘くさえ感じる椀ものになりますよ。

例えば、海を渡る潮風のように爽やかな一品、という感じでしょうか。

鮮度命!アジの握り

小アジよりやや大きめのアジが釣れた時にお勧めするのが、贅沢にも片身で一貫の握り寿司です。

アジは酢飯との相性が抜群ですよね。

三枚に下ろしたアジの身は、皮を引いて血合い骨を取り除いておきましょう。

酢飯をこしらえ、アジの身を乗せて握り込んだら、刻みネギと下ろし生姜を天盛りにし、紫をほんの少し垂らしてから一気に頬張ってみて下さい。

アジの身の厚みがちょうど良く、それとシャリが口の中で絡んだ時の噛みしめ感がなんとも心地よく、きっと一貫では止まらなくなりますよ!

フライも絶品!アジの梅肉挟み揚げ

揚げ物も美味しいですよ。

三枚に下ろしたアジの身に塩をして5分ほど寝かせておきます。

その後、身から出た水気を取り、小麦粉をまぶしたアジの身に大葉か海苔を敷いて梅肉を添え、その梅肉を包み込むように丸めて爪楊枝で止めます。

これを油で揚げたら出来上がりです。

ぜひ、揚げたての熱々を召し上がって下さいね!

ホクホクのアジの身に、梅肉の酸っぱさが絡んで・・・

想像すると思わずよだれが出そうですよね。

ピリリと辛い!アジの変わり焼き

最後は、少し変わったアジ料理です。

アジはお腹を出しエラも取って、姿のまま特製ダレに漬け込みます。

味の決め手になるタレは、醤油、みりん、酒、砂糖にコチジャンを少し加え、味を調えておいたものです。

秘伝のタレに15分ほど漬け込んだアジをグリルで焼き上げ、お皿に盛り、お好みの野菜を千切りにして、アジの上にたっぷり盛りつけましょう。

箸でほぐした身を野菜に絡めて頂くのですが、この野菜が少し濃いめのタレの味を宥めてくれるので、箸が進み、いくらでも食べられますよ!

アジ料理の数々、いかがでしたか?

釣り人の皆さんも、アジを釣った後はぜひいろんな料理にして、新鮮なうちに、あるいは熱々のうちに、豪快に頬張って堪能してくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング