バス ルアー 写真

何度キャストしても障害物にルアーを引っ掛けてしまう!引っ掛かりトラブルでイライラするのを解消するにはどうすればいいの?

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りをするときに使うルアーには、必ずフックが付いています。

魚を釣り上げるのが目的ですから、それは当たり前といえば当たり前なのですが、フックが付いているせいで、障害物に引っ掛かりやすくなるのも事実。

ルアーが引っ掛かってしまうと、一旦釣りを止めて、取り外し回収に専念しなければなりません。

それを極端に嫌う釣り人が、結構います。

フック剥き出しのルアーならカンタンに引っ掛かってしまう!

例えば、画像のような両サイドにたくさんの枝葉が張り出しているところ。

こんなところにフック剥き出しのルアーをキャストしたら、カンタンに引っ掛かってしまうかもしれません。

そう考えただけでロッドを振る腕に緊張が走り、萎縮してしまう人がいますよ。

引っ掛かると思うと萎縮してミスキャスト連発!

腕が萎縮してしまったら、ロッドを正確に振り抜くことができず、結果としてミスキャストを引き起こす場合が多くなります。

あれほどルアーが引っ掛かるのを気にしていたのに、その原因を自分で作ってしまったということに。

釣り人のイライラは最高潮に達し、釣りどころではなくなってしまうでしょう。

釣り人に都合のいい障害物など存在しない!

池や湖などの釣り場は、まさに自然界そのものですから、木が枝葉を自由に伸ばしているのが普通。

釣り人の都合のいいカタチに、枝が途切れたり葉が無くなっている障害物が存在することは、まず期待できません。

甘んじてそういうシチュエーションを受け入れ、ストレスに感じないようにすることが、バス釣りが上手くなる秘訣といえそうです。

試しにルアーから引っ掛かり原因であるフックを外してみたらどうなる?

そこで提案です。

ルアーからフックを取り外してみたらどうでしょう?

ハードプラグならトレブルフックを切り離し、ワームならハリ先を折ってしまうのです。

その状態で、引っ掛かりやすそうな障害物目がけてキャストしてみましょう。

フック無し状態でルアーを投げるという経験をしたことがない人ばかりでしょうが、だからこそ是非経験して欲しいのです。

その状態でもバスは食ってきますよ。

ロッドを激しく操りさえしなければ、ボートの手前までバスを引き連れてくることもできる場合があります。

ほとんど途中でバレて逃げられてしまうのですが、それでいいじゃないですか。

そのポイントにバスが居ることが確認できましたよね。

それからストレスを感じずに伸び伸びとルアーをキャストできました。

回数を増やせば、もっと正確にキャストできるようにもなるでしょう。

そして最も大切なのは、バスに過度な刺激を与えずに済んだので、30分ほど後でもう一度同じ障害物を攻めれば、そのバスが釣れてしまうということです。

もう一度攻めるときは、フックを装着するのを忘れないようにしてくださいね。

実釣で使用したおすすめフックはこちら

RYUGI(リューギ) ダブルエッジ フック #1/0 釣り針

RYUGI(リューギ) ダブルエッジ フック #1/0 釣り針

最安値価格
¥315(Yahoo!)

Amazonへ ¥336

楽天市場へ ¥316

Yahoo!へ ¥315

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング