サンマ 写真

サンマはもう食べた!?秋の味覚・秋刀魚は実は釣りでも狙えるお魚なんです!

FISHING JAPAN 編集部

秋の味覚といえば、何を思い浮かべますか?

松茸、栗、サツマイモ、カボチャ・・・などなど

いろいろありますが、やはり一番はサンマではないでしょうか?

2018年は、サンマが豊漁の年と言われています!

今回は、2018年のサンマ事情やサンマの釣り方についてご紹介いたします!

「サンマ釣り」はあまり聞かない?

皆さんは、サンマを釣ったことはありますか?

サンマは有名なお魚ですが、あまり釣魚としては有名ではないですよね。

秋刀魚は沿岸に来ることが少なく、また群れの情報が予測しにくいため、本州ではほとんど釣ることができません。

サンマは群れをなして日本の周りを回遊しており、食卓に並ぶサンマの多くは、北海道近海で捕られています。

北海道では、沿岸までサンマの群れがやって来るので、堤防から気軽にサンマ釣りを楽しむことができますよ!

仕掛けはサビキで釣ることができます。

群れで回遊しているので、一度に複数釣れることが期待できます!

なのでラインは少し太めの上部なものがオススメですよ!

サンマも立派な青物なので、引きは結構強く、楽しい釣りになるはずです。

サンマの群れの動きによっては本州でも釣れる!

サンマの群れは、たまに本州にもやってくることがあります。

そういうときは、各所でサンマを釣ることができますよ!

サンマの群れの情報にアンテナを張っておくと、サンマ釣りが実現するかもしれません。

実際に数年前、大阪湾にサンマの群れが回遊してきたことがありました!

そういった情報を入手したら、堤防にでかけてみてくださいね!

サンマが釣れるかどうかは、群れのコース次第ということがわかりました。

また、スーパーなどに並ぶ大きくて脂の乗った美味しいサンマは、なかなか本州で釣ることはできません。

本州に来るサンマの群れは、小型のものが多いです。

美味しいサンマを狙うなら、やはり北海道まで足を延ばすのが賢明かもしれませんね。

2018年はサンマが豊漁!

サンマの漁獲量は、ピークの平成20年以降減り続けていました。

中国や台湾でもサンマ漁が始まったことが、日本の漁獲量減少の要因の一つと言われています。

2017年では、サンマはなんと1匹が500円もの値段で売られている地域もあったそうです。

美味しいサンマだからといっても500円は、少し高いですよね・・・

気になる今年のサンマの値段ですが、1匹150円程度で落ち着きそうな予想です!

庶民に嬉しい金額に下がりましたね!

2018年は、サンマの漁獲量が全国的に多くなって、値段も下がっています。

漁獲量の増えた要因は、水温が低かったためなどと予想されていますが、はっきりした原因は未だ不明です。

サンマは食卓ではとても親しみ深い魚ですが、未だ謎に包まれた生態のお魚なんですよ!

サンマの焼き方・レシピをご紹介!

サンマを焼くのって意外と難しいです。

七輪で焼くのは少し憧れますが、なかなかできないですよね。

サンマは、フライパンでも上手に焼けますよ!

半分に切ってから焼くと裏面を焼きたいときも、簡単に裏返すことができそうです。

今年はサンマが豊漁ということで、焼くだけでは飽きてしまうかもしれません。

そんなときは竜田揚げにしてしまいましょう!

美味しい秋の味覚をいろいろな料理で味わうのも楽しそうですね!

今回は、サンマの釣り方や焼き方・食べ方をご紹介いたしました。

北海道に行く機会には、サンマ釣りに挑戦してみたいものですね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング