ルアー 写真

スモラバを使えばバスはめっちゃ釣れる!数釣りから始めるバス釣りを実践することで見えてくるものって何?

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りのさまざまな場面で使われる、スモラバ=スモールラバージグ。

ウィードに絡めてもよく釣れますし、ゴロタ石が並ぶエリアでもバイトが集まります。

こんなに釣れるのなら、他のルアーを結ばずに最初から最後までスモラバで通す!というアプローチではいけないのでしょうか?

小さくてよく釣れるスモラバ!これだけを使って釣りをしたことはある?

スモラバを使い続けるのは、全く自由です。

バスの釣り方に正解も不正解もありません。

「これならバスが口を使いそうだなっ!」と自分が思えるものを、ラインに結んでキャストしましょう。

特にスモラバは、複数のシリコンラバーをヒクヒク動かして、生命感を溢れさせていますよ。

一瞬で飲み込める食べやすさ!

ボディサイズも小さいですから、見つけたバスは一瞬で口の中に飲み込むことができるでしょう。

これがよく釣れる大きな理由になっているのかもしれません。

しかしながら、その小さいサイズゆえに、遠くにいるバスからは見つけづらいのではないでしょうか?

小さいサイズだから気づいてもらえないことも・・・

いくら目立つトレーラーを付けて、シェイキングを長時間おこなったところで、バスの視界に届かなければ、食い付いてはもらえないでしょう。

バイトがなければ、そのままピックアップして次のキャストをおこなうことになります。

マシンガンのように素早く連続キャストできる人なら、そのうち釣れるでしょうが、スモラバで池全域をチェックするのは、ちょっと難しいと感じます。

バスがいる確率の高いポイントへキャストしよう!

そこで釣り人としての工夫を実践に移してみましょう。

水面に変化のあるところ、例えば波立っているポイントや小刻みに揺れている水面を見つけて、スモラバをキャストします。

バスがいる確率の高いポイントを選び出すことで、釣れる確率は上がるでしょう。

もし、水面の変化を見つけることができなかったら、そこで初めて他のルアーへのローテーションを選択肢に加えていいのではないでしょうか。

まずはスモラバの実力をギリギリまで体感し尽して、数釣りを徹底してみるのです。

そういう釣りを実践すれば、これまでやってきたバス釣りと違う側面が見えてくるかもしれませんよ。

機能性に富んだスモラバのおすすめアイテムはこちら

EVERGREEN/エバーグリーン C-4 JIG/C-4ジグ 2.7g-3.8g

EVERGREEN/エバーグリーン C-4 JIG/C-4ジグ 2.7g-3.8g

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング