ルアー 写真

ヘドン原点回帰シリーズ・オリジナルザラスプークは2018年新発売のペンシルベイト!ファーストザラと同じノーズアイを採用して往年のヘドンカラーを復刻!

FISHING JAPAN 編集部

スミスから2018年、ヘドン原点回帰シリーズ・オリジナルザラスプークが新発売されます。

ザラといえば、ペンシルベイトの元祖と呼ばれているスタンダードモデルで、ヘドンを代表するトップウォータールアーのひとつです。

シンプルな形に秘められた特徴や、製品カラーラインナップを見てみましょう。

ヘドン原点回帰シリーズ・オリジナルザラスプークってどんなペンシルベイトなの?基本スペックをチェック!

ヘドン原点回帰シリーズ・オリジナルザラスプークは、既存のザラスプークとどこが違うのでしょう。

ボディの外形は同じように見えます。

4.5インチの長さに、3/4オンスの自重。

フックもトレブルフックの1/0番が標準装備されていますよ。

注目したいのは、頭部先端のラインアイです。

既存のザラスプークは、アイがアゴの下に付けられていました。

そのほうが、首振りアクション=ウォーキング・ザ・ドッグアクションを演じやすいからです。

ラインの結び目が水面に近くなるので、加えた力が直下に引っ張れなくなり、左右にスライドしやすくなるのです。

ヘドン原点回帰シリーズ・オリジナルザラスプークのラインアイに注目!

このペンシルベイトのラインアイは、頭部の先端に付いています。

いわゆる鼻先なので、ノーズアイと呼ばれていますよ。

この位置にラインを結ぶと、水面までラインが垂れ下がるほどの距離が開きます。

その水面に向かうベクトルが、ルアー本体を水中にダイブさせるアクションを引き起こすケースもあるほどなのです。

ということは、首振りアクションをしたいと考えている釣り人にとっては、少しやりにくい個性が乗っていることになります。

ダイブアクションしやすく首振りアクションも楽しめるノーズアイ!

アゴ下アイとノーズアイ、好みは分かれるでしょうが、ノーズアイでダイブアクションも首振りアクションも使いこなせるほうが、オリジナルザラスプークをマスターした気分に浸れそうですよね。

元々ヘドンが最初に発売したザラスプーク=ファーストザラは、ノーズアイでした。

当時のルアーは稀少な存在になり、なかなか安価では手に入りにくくなっています。

2018年にザラの名称でノーズアイが復活することになったのは、釣り人にとって喜ばしいことではないでしょうか。

自分次第で、さまざまな操り方が楽しめる釣り道具のほうが、長く付き合えそうな気がしますからね。

2018年新発売の製品カラーラインナップはこちら

オリジナルザラスプークには、10種類のカラーがラインナップされます。

●BFカラー

●14KCDカラー

●Lカラー

●Sカラー

●SOカラー

●XBLカラー

●XRGカラー

●XRSカラー

●XRYカラー

●XSカラー

ヘドン原点回帰シリーズ・オリジナルザラスプークは、2018年12月発売予定です。

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト ヘドン チャギンスプークJr. 3-1/2inch 9.04cm 1/2oz 14.5g ベビーバス #01

スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト ヘドン チャギンスプークJr. 3-1/2inch 9.04cm 1/2oz 14.5g ベビーバス #01

最安値価格
¥1,536(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,870

楽天市場へ ¥1,590

Yahoo!へ ¥1,536

ルアー」カテゴリの人気記事

スミス」カテゴリの人気記事

DAILYランキング