リール 写真

2018年はバンタムリールユーザー激増!バンタムMGLをどんな釣り方に活かしているの?おすすめアプローチを公開!

FISHING JAPAN 編集部

2018年にシマノから新作リールとして発売された、バンタムMGL。

すでに多くの釣り人が手にして、フィールドで使っていますよ。

発売当初は、右巻き・左巻きの順番で市場に出てきたので、欲しい機種をすぐにゲットできないもどかしさがありましたが、今なら好み通りのタイプを釣具店・ネットショップで購入することができます。

バンタムMGLを使ってどんな釣り方でバスを狙っているのか、ピックアップしてみましょう。

バンタムMGLの基本スペックをチェック!ギア比に注目!

バンタムMGLは、ギア比で4種類、右巻き・左巻きのハンドルタイプ2種類の組み合わせから選べるベイトリールです。

ギア比は、5.5・6.2・7.1・8.1が用意されていますよ。

汎用性が高い、というよりユーザーが使い慣れているのは、6.2です。

ハンドル1巻きで、66センチ分のラインを巻き取ることができますよ。

それが長いのか短いのか、個々の釣り人によって意見が分かれるところでしょう。

ちなみにこれより低い設定のギア比・5.5では59センチ、高い設定の8.1では86センチを手繰り寄せることができるようになっています。

どうやらこのギア比の差を、自分の釣りスタイルに活かすのがポイントになりそうですね。

バンタムMGLとスイッシャーの組み合わせ

例えば、ルアーの特性にギア比を合わせてみるというのはどうでしょう?

今、トップウォーターフリークはもちろん、バストーナメンターの間でも注目されているのが、ダブルスイッシャー・セビレです。

細身のボディに大き目の回転プロップが前後に付いているルアーで、とにかくよく釣れるんですよね。

タフコンディションで1本欲しいときの必須アイテムになりつつありますよ。

ギア比に合わせた使い方

このセビレをキャストしてバスを誘うケースで、バンタムMGLの豊富なギア比が効いてきます。

ゆっくり泳がせてバスにセビレを見せたいとき、やはり低いギア比のほうが安定したスローリトリーブを繰り出せるでしょう。

セビレと5.5のギア比を組み合わせて使えば、確実に実践できますよ。

これとは逆に、バスが豪快に食い付いてきたとき、「絶対にバラしたくない!」と考えている釣り人は、8.1のハイギアを使っているようです。

ロッドにバスの重みがかかって曲がっている状態、これをキープしたいと思ったら、高いギア比のほうがライン巻き取り量が大きいので、イメージ通りにバスを引き寄せることができるでしょう。

バンタムMGLのデモンストレーション動画はこちら

バンタムMGLを使って、さまざまなアプローチを試してください。

それに応えられるボディ剛性や巻き心地が備わっているので、安心してバスとのやり取りを楽しむことができますよ。

製品のご購入はこちら

シマノ(SHIMANO) リール ベイトリール ブラックバス 18 バンタム MGL XG 右ハンドル

シマノ(SHIMANO) リール ベイトリール ブラックバス 18 バンタム MGL XG 右ハンドル

参考価格:¥27,018

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング