シーバス 写真

サヨリパターンを攻略しよう!爆釣の鍵はピンポイントを狙い撃つこと!?シーズン初期に有効な方法を大公開!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、シーバスゲームは得意ですか?

シーバスゲームには、数多くのパターンが存在します。

その中でも、サヨリパターンは特に難しいパターンとして有名です!

ライズやボイルがあるのになかなか釣れない難攻不落のパターンに、悪戦苦闘する釣り人が多いようです。

しかしサヨリに付く魚はコンディションが良く、またルアーへのアタックも派手なことから、攻略出来たときには、格別の達成感があります!

今回は、小型のエンピツサヨリが多いシーズン初期に有効な、サヨリパターン攻略法の1つをご紹介しましょう。

まずはサヨリパターン攻略に適した場所を探そう!

サヨリパターンの攻略には、「場所」が非常に重要です!

中小規模の河口や港湾部の水路など、ゆるやかな水の流れがあるエリアや、シーバスが身を潜めることの出来る地形変化があるシャローエリアなどがオススメです。

「流れ」「シーバスが身を潜める物影」「サヨリを追い詰めやすい地形」、こういった要素が多く重なるほど良いポイントだと言えるでしょう。

場所の次はシーバスのエサとなるサヨリを探しましょう!

ポイントは、あえてサヨリが多すぎる場所を避ける事です!

サヨリの密度が濃すぎる場所よりも、サヨリがたまに引っ掛かってくるくらいの密度の場所がオススメです。

サヨリが密集し過ぎていると、ルアーがちゃんと泳がないだけではなく、キャスト毎にサヨリが引っ掛かってしまいます。

これは効率が悪いだけでなく、無駄なキャストと回収でシーバスをスレさせてしまうので良くありません。

サヨリを見つけたらまずはじっくり観察しよう!

良いサヨリの群れを見つけたら、しばらくはキャストをせずにシーバスが付いているかどうか観察してみましょう!

ライズやボイルがあれば分かりやすいですが、それ以外にもサヨリが不自然にザワついたりしていればシーバスが付いている可能性が高いです。

次に、シーバスの定位場所や捕食位置を探しましょう。

サヨリパターンでは特に捕食位置を知ることが重要です!

同じ位置で何度もライズがあったり、壁際やストラクチャー際、地形変化の位置でサヨリが何かを嫌がるような動きをしていればチャンスですよ!

シーバスを見つけた!狙い方は!?

ルアーのアクションはスローなただ巻きだけでOKです!

巻きスピードが不安定になったり、一定のレンジをキープ出来ていないと見切られてしまうことが多いので気をつけましょう。

ゆっくりと一定のスピードで巻き続ける事が大切ですよ!

シーバスが定位している位置や捕食位置に直接キャストするのではなく、その向こう側にそっとルアーを落とし、ルアーにシーバスの頭上を泳がせるようにゆっくりと巻いていきます。

この時、ルアーが不自然に水の流れを横切らないように、出来るだけ流れに馴染ませながら狙ったコースを通すことが重要です!

エンピツサヨリパターン攻略に効果的なルアーは?

使用するルアーに必要なポイントは3つです。

・水面~水面直下を泳ぐこと

・スローに巻けること

・アピールし過ぎないおとなしいアクション

バチ抜けパターンなどでよく使われる細身のシンキングペンシルやサヨリパターン用の弱アピール系ミノーがオススメです!

カラーはナチュラルなシルバー系カラーに実績があります!

しかし、水の濁りが強い場合や暗い場所ではアピールの強いカラーが活躍する場合もあります。

サヨリパターン攻略のまとめ!

サヨリパターンのシーバスは水面を意識している事もあり、スレやすく、場を荒らしてしまうとパッタリと反応が無くなってしまう事もあります。

無駄なキャストを抑え、シーバスにルアーを何度も見せないように意識することが大切です。

そのためにも、投げる前にまずベイトの位置や地形からシーバスの定位場所や捕食位置を予想し、丁寧に狙っていくように心がけましょう!

派手なボイルが起こるサヨリパターン、興奮してつい早く投げたくなってしまいますが、焦らずじっくりポイントを観察してみましょう。

きっと攻略のヒントが見えてきますよ!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング