金魚すくい 子供 手 ポイ ボウル 写真

魚釣りが上手い人は、金魚すくいも得意って本当!?夏の縁日で釣りテクが活きる!釣りと金魚すくいの共通点はここにあった!

FISHING JAPAN 編集部

昔から夏の縁日といえば金魚すくいですね!

と、ここである疑問がひとつ。

釣りが上手い人は金魚すくいも得意なのか・・・?

釣り人の皆さんは、どう思いますか?

魚の特性を知り、普段たくさんの魚を釣り上げる人は、はたして屋台の縁日でも金魚をたくさんすくうことができるのでしょうか?

そんな謎に迫るべく、今回は金魚すくいにスポットをあて、そのコツをご紹介していきます!

ポイの動かし方

金魚すくいをする際に使う、虫眼鏡のような形のフレームに紙が貼ってある道具を「ポイ」、または「ポイちゃん」と呼びます。

このポイを動かす時は、紙が破れないようにしなければなりませんね。

そこで水を叩くのではなく、横向きに滑らせるような動きを心がけてください。

ポイの上に金魚を捕らえたら真上に引き上げるのではなく、金魚の身体を引っ掛けるようなイメージで斜めに動かし、素早く器に入れます。

これが、基本の動きです。

コツは金魚の進む向きを意識する

金魚は前に進むことはできますが、後ろにバックすることはできません。

その特性を意識しつつ、狙った金魚の前方下の位置にポイを待機させ、その上を通過する際に金魚の動きに合わせて斜めに引き上げましょう。

その際に、金魚が暴れて紙が破けてしまわないように、なるべく尻びれを引っ掛けないようにすることがポイントです。

紙の部分になるべく力をかけず、破いてしまわないように意識してくださいね。

釣りも金魚すくいも、場所の見極めが大事!

ここまで、金魚すくいのコツをご紹介してきましたが、釣り人の皆さんならもうお気づきかもしれませんね。

魚を釣るためには手先の技術も大切ですが、釣り場や道具の選び方なども重要ですよね。

その釣り場にたどり着いた時点で、ある程度釣果が決まっている場合もあります。

そもそも魚が全くいないスポットでは、いくら頑張っても釣れるわけがありません。

金魚すくいも同じです。

すくえない屋台では、いくら頑張ってもすくえません。

そこで、すくいやすい屋台の見分け方をお教えしましょう!

それは、ポイを見れば分かります。

実は、一般的に金魚すくいの屋台で使われているポイにはいくつか種類があります。

簡単に言うと、紙が厚く破れにくいものと、薄くて破れやすいものがあります。

紙が厚く、破れにくいポイを使っている金魚すくいの方が、より多くの金魚を狙えるということです。

金魚すくいの達人になると、ポイを持っただけで、「あ、このポイは7号だね」というように、その種類まで分かるようになります。

金魚すくいのコツ、いかがでしたか?

魚釣りの上手な人が、必ずしも金魚すくいも得意というワケではありませんが、魚の習性を知り、道具のよしあしを見極めるという点では、どちらも似ているかもしれませんね。

この夏、金魚すくいの屋台を見かけたら、ぜひこの技を試してみてくださいね!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング