ケース 写真

ロッドケースXT SLIMは2018年新発売の磯釣り用ロッドケース!リール付きロッドや玉の柄などが収納可能!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2018年新発売されるロッドケースXT SLIMは、磯釣り用ロッドや玉の柄などを収納できるロッドケースです。

リールを付けたままのロッドを1本入れられるのは嬉しいですね。

その詳しい特徴や製品カラーラインナップを見てみましょう。

ロッドケースXT SLIMってどんなケースなの?基本情報はこちら!

ロッドケースXT SLIMは、3種類の長さから選べるロッドケースです。

内寸9×13×125センチ、9×13×135センチ、9×13×145センチから選べるようになっています。

それぞれに5×9×85センチサイズのビッグポケットが付いていて、柄杓や小物を入れておくことが可能です。

ロッドケースXT SLIMの素材はPVC!

このロッドケースは、素材にPVCを採用しています。

表面の生地にはハード素材を内蔵して、衝撃からロッドをガードするようになっています。

そして水や汚れに強い防水性能を持たせてありますよ。

トップハンドルを握って安全に磯渡しができる!

ロッドケースXT SLIMのトップハンドルは、船からの磯渡し時に便利に使うことができます。

肩にかけるときに当たるコンビネーションパッドは、フローティングベストの形状に沿って横ずれしにくくなっています。

左右どちらの肩にかけても使用可能です。

また、底部分は、強度や安定性のある成型ハードボトム仕様になっています。

2018年新発売の製品カラーラインナップはこちら

ロッドケースXT SLIMには、3種類のカラーがラインナップされています。

●ブラックカラー

●レッドカラー

●ディープブルーカラー

ロッド収納の目安は、磯竿1.5 号クラスにリールが付いたもの1本・予備竿3本・玉ノ柄1本程度と考えてください。

ロッドケースXT SLIMは、2018年9月に発売開始です。

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング