カサゴ リグ 写真

グルーパー爆釣必至リグ5選!リグは適材適所の使い分けが重要! リグの種類別にメリットとデメリットをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、いよいよグルーパーゲーム絶好のシーズンですね!

今回はグルーパーを釣る為によく使用されるリグをご紹介します。

そもそもリグとは?

リグとは「仕掛け」という意味です。

ワームを使用するのが主流のグルーパーゲームですが、ワーム単体ではフックも無く、魚を釣ることは出来ません。

シンカー、フック、ワームの組み合わせ次第で様々な種類のリグを作ることができ、使い分ける事で、多くの魚と出会うことが出来るでしょう!

グルーパーゲームで主に使われるリグはこちらの5種類です。

・テキサスリグ

・リーダーレスダウンショット(直リグ)

・フリーリグ

・ダウンショットリグ

・ジグヘッドリグ

それでは順番に紹介していきましょう!

テキサスリグの紹介!オールラウンダーで使用率No1!

グルーパーゲームでは一番と言い切れるほど使用されているのが、定番のテキサスリグです。

感度、すり抜け、フッキングのしやすさなどあらゆる面でバランスが良く、応用も可能などこでも使いやすいリグの一つです。

メリット

・根掛かり回避性能が高く、各リグの中でもトップクラス!

・ボトムバンプ、スイミングのどちらでもつかうことが出来る。

・ラインとシンカーが直結しているため、ボトムの感知能力・感度が高く、フォール中のバイトも感じやすい。

デメリット

・重めのシンカーを利用するので、ゆっくりとした動きが苦手。

・まっすぐ落としたつもりでも、自然と斜めになりカーブフォールしてしまう。

・ラインごとボトムに接地しやすく、シンカーも種類によってはラインを痛める事がある。

実際の動画はこちら

動画で使用しているリグのご購入はこちら

Jackson(ジャクソン) ワーム SE・ハタクロー クエイククロー 3.4インチ キンキラレッド

Jackson(ジャクソン) ワーム SE・ハタクロー クエイククロー 3.4インチ キンキラレッド

参考価格:¥507

Amazonへ

楽天市場へ

垂直フォールが得意!リーダーレスダウンショット!

テキサスリグとはボトムに落ちていく角度が異なり、垂直に近く落ちて行きます。

その特性を生かしてピンポイントを狙ったり、壁際に対してイメージに近いコントロールが可能です。

メリット

・ラインとシンカーが直結しているため、ボトムの感知能力・感度が高く、フォール中のバイトも感じやすい。

・垂直フォールが得意で、テキサスリグよりもフォール時に手前に寄りにくく狙ったポイントをタイトに攻めやすい。

デメリット

・シンカーとワームが連結しているため魚が違和感に気付きやすく、口に含んでる時間が短い。(諸説あり)

・テキサスシンカーと比べるとシンカー自体の種類が少ない。

シンカーがあるのにノーシンカー?韓国発祥のフリーリグ!

元々はお隣韓国で生まれたと言われているフリーリグ。

リグの中でも比較的新しく、シンカー着底から遅れてルアーが落ちてゆくので食わせの間が作りやすいリグと言われています。

メリット

・シンカーとルアーが固定されておらず、フォール時に先にシンカーが着底することで、ノーシンカー状態を長く作り出し、誘いになる。

・遊動式になっているためバイトしてきた魚に対して違和感を感じさせにくい。

デメリット

・シンカーが先に着底し、フックと離れてしまう。

・潮流が強いところでは流されやすく、ラインを出せば出すほどシンカーとフックの距離が生まれやすく、フッキング時が決まりにくい。

使い方次第では食わせに強いダウンショットリグ!

バスフィッシングではよく使われるダウンショットですが、根がかりしやすい場所を好むグルーパーに対してはあまり使われていませんでした。

オフショアゲームで真下に落としたり、足元から水深がある磯では爆発的な威力を発揮する場面もあるので、今まで手を出さなかった方でも試してみる価値はあります。

メリット

・シンカーと離れた位置にフックを結ぶため、ボトムを切った状態をキープできる。

・使用するワームの自由度が幅広い。クロー系でもシャッド系でもOK。

・シンカーの存在を感じさせにくく、よりナチュラルなアクションが可能。

デメリット

・バスとは異なり高さのあるストラクチャーが多いのでショアからだと遠投には不向き。(シチュエーションによる。)

・リグを作る事が慣れていないと大変。

・移動中などロッドに絡まりやすい。

テキサスリグとの2大巨塔!ジグヘッドリグで中層を狙え!

ベイトが小魚メインの場合、縦の動きより横の動きに反応が良くなる場合があります。

また魚食性が強いオオモンハタを狙う際に最も使用されるリグです。

メリット

・スイミングで使用されることが多く、広範囲をスピーディに探れる。

・ワームが固定されているのでスイミング姿勢が安定する。

・針先が出ているのでフッキングしやすい。

デメリット

・針先がルアーから出ているため、根がかりやすい。

・ワームをセットするときに曲がらないように注意が必要。

・シンカーとルアーが固定されているため、フワッとしたアクションは苦手。

状況に合わせたリグを使いこなし、真夏の宝石に会いに行こう!

今回紹介したリグはそれぞれにメリット・デメリットがあります。

リグを変える事で攻めきれなかった状況を打破できるかも知れませんよ?

フィールド、シチュエーションによってリグ使い分けて、ハイシーズンのグルーパーゲームを楽しみましょう!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング