ケース 写真

完全防水で水に浮くタックルボックス・マグタンクが超話題!商品の特徴やインプレ、人気の秘密をご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんはどんなタックルボックスを使っていますか?

あまりボックスの性能を気にされていない方も多いかと思います。

釣りを楽しんでいる時に不注意で海に落としてしまった・・・

ウェーディング中にボックスの中に浸水してしまった・・・

それがルアーであればいいですが、携帯や車の鍵であれば大変ですよね。

今回はルアーはもちろん、大事な物も安心して入れることができるマグバイト マグタンクの特徴やインプレをご紹介します。

マグバイト マグタンクの特徴やインプレとは?

マグタンクの最大の特徴は高浮力で水に浮き、浸水を防ぐパッキンが搭載されていることです。

これで手がすべってボックスを落としてしまっても救出できますし、ルアーのロストを防ぐことができます。

また浸水を防ぎ、塩水によるサビを防ぐこともできます。

さらにスリットウレタンフォームによりジグヘッドをきれいに整理でき、仕切りがはずせるフリーコンパートメントシステムにより、小物類の収納が快適に行えます。

インプレも高評価です!

ボタンで開き、カチッと止まるクリアカバーで、取り出しも楽々行えるのが魅力だという声がありました。

ルアーゲーム全般、特にソルトライトゲームにその使いやすさを発揮します。

サイズはS~Lの3種類あります。

XLサイズで収納力アップ!マグタンクアーミーとは?

既存のS~Lの収納力では足りない。

そんな方にはマグタンクアーミーがオススメです!

マグタンクシリーズ第二弾で、防水性能などはそのままに、XLにサイズアップしてさらに進化したARMY。

お気に入りの一軍ルアー(ワーム)を収納しやすいように左右の4スペースは3.2インチまで、中央の2スペースは2.8インチまで、まっすぐに収納することが可能です。

仕切がなくて自由に使える!マグタンクフリーとは?

ライトゲームではなく、ルアーや小物をまとめて入れたい方にはマグタンクフリーがおすすめです!

シリーズ第三弾でシーバスアングラーやバサー、その他のルアーマンからの要望が多かったごっそり入れられる仕切りなしのケース。

中身が確認出来るクリアボディでルアー交換もスムーズで、XLまでラインナップしています。

マグタンクシリーズ共通の高い防水性能によりウェーディングや雨の釣行、不意の落水にも対応しています。

ルアー以外にも車のキーや携帯など、濡らしたくない小物の管理にもマグタンクフリーはオススメです!

各種メーカーともコラボ!今後の動きにも注目?

マグバイトでは複数のメーカーとのコラボも進行中です。

リューギ Rタンク

issei 海太郎箱

ガンクラフト Gストック

それぞれの釣りに特化した特徴やカラーリングの違いも魅力的です。

他にもコラボしているメーカーもあり、今後もルアーメーカーとのコラボ商品が発売される可能性もあるため要チェックですね。

是非一度店頭でご覧になってはいかがでしょうか?

ご購入はこちら

RYUGI(リューギ) R-TANK BRT050 XL

RYUGI(リューギ) R-TANK BRT050 XL

参考価格:¥2,400

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

商品の詳細は公式HPよりご確認ください。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング