ヒラスズキ 水中 写真

ルアーサーフキャスティングの広がる世界!最新タックルで今までサーフから狙えなかった魚をゲットしよう!

FISHING JAPAN 編集部

オンショアのルアーキャスティングといえば、防波堤、磯からが一般的でした。

サーフからは対象魚が少なく、ポイントもわかりづらい・・・

そのため、サーフからの釣りは、初心者にとって取り組みにくい釣りだと思っていませんでしたか?

実は、昨今はタックルの進化により、遠投がチャレンジしやすくなり、様々な魚を狙えるようになっているんです!

ロッド・ルアーに遠投用が登場!

サーフキャスティングは、1日中、遠投の繰り返しで疲れる釣りでしたが、最近は変わりました!

10フィート以上でも細身、軽量タイプのロッドは疲れにくく、PEラインの登場でラインの遠投性能が良くなりました。

ルアーも小型でも重量のあるタングステン製のメタルジグは空気抵抗が少なく、非常に遠投向きです。

これらのタックルが改良されてきたことで、サーフキャスティングの対象魚も、ヒラメやマゴチだけではなくなってきています。

サーフから根魚も狙えます!

磯場や防波堤から狙う根魚、メバルなどは、サーフからも良型が狙えます。

砂浜といっても、ゴロタが混ざったり、磯場が点在する場所が狙い目です。

メバルは夜行性なので、昼間の明るいうちに磯場の位置やキャスティングする場所、方向を見定めておくことが肝心です。

暗くなって小魚を求めて磯から出てきたメバルを狙いましょう。

キャスティング用のマイクロジグなどがヒットルアーです。

夜間の海岸は危険なので、不用意に水際に近づかないよう、安全対策に十分気を付けてくださいね!

ヒラスズキ、アオリイカもサーフから狙える!

荒れた磯で釣れるイメージのヒラスズキも、実はサーフから狙えます。

磯場と同様、風が強く、波が高い日が狙い目です。

砂浜といっても、海底には深場になっている場所もあります。

なぎの日などに、深場になっているような場所をチェックしておき、海が荒れた日などに覚えておいたポイントにミノーやプラグ類を通すとヒットします。

アオリイカもサーフで群れている場所があります。

海底のくぼみや離岸流が発生しているポイントにエギを通せば、かなりの釣果が期待できます。

初心者には一見、どこにキャストしていいのかわかりにくいのがサーフ。

それでも、じっと観察していると海面の流れが見えてきます。

そんな流れが溜まっている場所などにチャンスが潜んでいます。

ポイントを見つけるコツは、とにかくサーフを歩いて海面を見つめること!

良さそうな場所があれば、陸地側にチェックポイントを覚えておきましょう。

ぜひ釣り人の皆さんも、サーフからの釣りを楽しんでみてくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング