ケース 写真

HTロッドケース(A)は2018年新発売のハードチューブ内臓ロッドケース!スペーサークッション入りでロッドのガタつきに対応!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2018年新発売となるHTロッドケース(A)は、ハードチューブを内臓した釣り専用ロッドケースです。

キズや運搬時の衝撃から、大切なロッドを保護してくれる高剛性チューブ構造ボディになっていますよ。

その特徴や製品ラインナップをチェックしてみましょう。

HTロッドケース(A)の基本情報!どんなロッドケースなの?

HTロッドケース(A)は、4種類の長さが用意されたロッドケースです。

ロッドの長さはそれぞれ異なりますから、対応できるように115センチから170センチまで設定されています。

ハードチューブ構造ボディを採用していて、衝撃等からロッドを守ってくれますよ。

またネームカードホルダーが付いているので、所有者を表示することも可能です。

HTロッドケース(A)にはスペーサークッションを搭載!

このロッドケースには、スペーサークッションが付いています。

これを大切なロッドに巻き付けて、ケース内で踊って傷付くことを防げるようになっていますよ。

例えば、収納するロッドが少ないときは、ケース内で揺れ動いてしまいますよね。

それを防ぐためのクッションだと考えてください。

ハンドルや肩ベルトを標準装備!

HTロッドケース(A)には、ハンドリングに便利なハンドルや取り外し可能な肩ベルトが標準装備されています。

磯に渡るときに手荷物が多くなりますから、肩にかけても手で持てるようになっているのも嬉しいですね。

HTロッドケース(A)カラー外寸(cm)自重(kg)メーカー希望本体価格(円)
115(A)ブラック約13×11×115約1.812,000
130(A)ブラック約13×11×130約1.914,500
150(A)ブラック約13×11×150約2.216,000
170(A)ブラック約13×11×170約2.418,500

HTロッドケース(A)には、目安として2本継ぎロッドを3本から5本収納できるようになっています。

ただし、無理矢理詰め込んでしまうと、取り出し時にガイドを傷めてしまうかもしれません。

余裕のある状態で、スペーサークッションを利用しながら運搬に使うようにしましょう。

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング