男性 クロダイ 写真

神戸港・和田防波堤テトラの前打ちでクロダイを釣ろう! シーズン到来のクロダイ落とし込み釣りの魅力に迫ります!

FISHING JAPAN 編集部

毎年、5月のゴールデンウィーク前頃から、神戸港・和田防テトラでは、大型クロダイの活性が高まり、数釣りが可能になります。

和田防の南に位置する、神戸・和田防新波止も、6、7月の盛期へむかって、釣果を伸ばすことができます。

神戸港・和田防のポイントと釣り方は?

昔からクロダイ釣りで有名な神戸・和田防は、東の白灯台周り、西の赤灯台周りにかなり大型のテトラが入っています。

灯台から少し真ん中方面に行くと、一回りサイズが小さくなったテトラが積まれています。

大阪・南港、バラ石などに比べると、テトラのサイズは大きく、あまり規則的には積まれていないようです。

春先から夏の台風が来るまでは、テトラにびっしりと海藻がついていて、ある程度慣れないと、テトラ周りやテトラの穴の中に、エサを上手に落とすことが難しいと思います。

春から夏にかけてのエサは、イワガニ、パイプ、イガイがメインになります。

クロダイは、テトラに密集した海藻の中や、海藻のすぐ下、テトラの穴の中に潜んでいます。

どのエサを使っても海藻にひっかかり、なかなかクロダイのタナにエサを届けるのが難しいのですが、活性が高いのはやはり朝の満潮時でしょう。

ハリス分ぐらいでエサを引き込んでいくときも多いです。

潮がある程度引いてくると、2ヒロぐらいあるテトラの穴を探しながら、さぐっていきます。

オモリは海藻や潮の動きにもよりますが、ガンダマ3B~5Bを2つぐらいを打ってゆっくりと海藻の隙間をさがすように、エサを落としていくといいでしょう。

和田防では、かって、備中釣りと呼ばれる伝統的な釣法でクロダイを釣っていました。

前打ちに似た釣り方ですが、大きく違うのはアケミ貝を撒き餌にしてクロダイを呼び寄せ、アケミ貝をサシエにしてクロダイを釣ります。

7mぐらいの長竿で、リールは使用せず、延べ竿として使います。

竿下に撒き餌のポイントを作っていくやり方です。

和田防のポイントはテトラ全域といってもいいのですが、両灯台周りの大きなテトラに大型のクロダイがついていることが多いです。

神戸港・和田防新波止のポイントと釣り方は?

和田防のすぐ南に位置する和田防新波止は、南北に伸びた堤防で東面はテトラ、西面の3分の2は平場のケーソンで3分の1がテトラ帯になっています。

夏場の夕方、満潮と重なると、西面のテトラの周りに大型のクロダイが寄ってきて、ハリス分でアタリが頻繁にあることも珍しくありません。

新波止の狙いどころもほぼ、和田防と同じだと思って差し支えありません。

足元のテトラの周り、穴の中が中心ですが、クロダイのついているテトラの位置が少し違うことが多いです。

和田防は基本、足元のテトラを中心にエサを落としていきますが、和田新のクロダイは、ケーソンの堤防から少し離れたテトラに潜んでいることも多いです。

和田新のケーソンのポイントは、南の灯台寄りのほうで魚影が濃いようです。

テトラは北面、西面で実績があります。

6月の初旬に釣行したときは、和田防の白灯台寄りテトラ穴で、3回続けて2.5号のハリスを飛ばされました。

掛かってくるタナは1ヒロぐらいと浅いのですが、大型でパワフルなクロダイは針掛りしても、なかなか上がってきませんでした。

タックルにもよりますが、道糸はフロロかナイロンの2.5号以上、ハリスはこの時期は3号以上がおすすめです。

当たり前ですが、特に大型と思われるクロダイほどパワフルです。

竿は36~42、40~45ぐらいが使いやすいと思います。

和田防のテトラ周りでアタリが少ない時は、思い切ってイワガニをエサに10~15mほど超前打ちをするとアタリが連発することもあるので、覚えておくといいでしょう。

クロダイ落とし込み釣りのシーズン到来!

神戸港・和田防、和田防新波止は、これから夏にかけてクロダイ落とし込み釣りの本番を迎えます。

テトラ先の中層やテトラ穴で、大型のクロダイが元気な引きを見せてくれます。

エサは秋まではイガイ一本で基本は大丈夫です。

さぁ、釣り人の皆さんもクロダイ落とし込み釣りを楽しんでくださいね!

DAILYランキング