グレ 写真

グレ攻略作戦!効果的なマキエサとマキエワークをマスターして本命グレをゲットしよう!オススメのマキエシャクをご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

この時季に効果的なマキエサを作り、エサ取りを交わし、本命をゲットすることは言うまでもありません。

グレ釣りは、「マキエサの切れ目が縁の切れ目」と言われるくらい、マキエサは欠かせないものです。

しかし、時季に合った配合エサを選び、良いマキエサを作ってもそのマキエサを使いこなさなければ意味がありません。

エサ取りも本命も、単にマキエサを撒いているだけの時間が続くと、こちらのパターンを読まれ、釣にならない状態になってしまいます。

それに必要なのがマキエサの投入補法・マキエワークなのです!

マキエワークとは何か?

まず、マキエワークとは、何かをご説明しましょう。

マキエサでグレを浮かせ、エサ取りを交わしながら良型をゲットするのですが、このマキエサを単調かつ同じパターンで撒いていると、エサ取りのみならず本命もがマキエサのパターンを読み、食いが遠のいてしまいます。

そこで、マキエサを投入するタイミングや撒く量に差を付けたり、投入するポイントを右や左など変化を付けて投入することで、エサ取りも本命も新鮮さを感じながら、マキエサに反応してくれるのです。

この様に、1つのパターンで続けるのでは無く、色々なパターンでマキエサを撒くのがマキエワークといえるのです。

実際に、どの様な撒き方があるかをご紹介!

マキエサを撒くには、マキエシャクといった専用の道具があります。

このシャクにも様々な種類のものが市販されていて、マキエサを掬い取るカップの大きさの違うもの(S,M,L)や、磯際の近場から潮目の遠投ポイントを攻めるのに有効な、マキエシャクの柄の部分が短いものや長いものがあります。

この組み合わせで、思ったポイントにマキエサを思った量を撒いていきます。

撒き方にもいろいろなパターンがあり、カップに軽く掬い取り撒く方法や、掬い取ったマキエサをバッカンの側面で圧縮して固めて撒く方法などがあります。

更に、このマキエシャクをどう振込むかの動作によっても、マキエサの効果が違ってきます。

通常は、野球のボールを投げるようにスナップを効かせてオーバースローで投げ込みます。

しかし、投げ込む瞬間にマキエシャクを肩の上で瞬時に止めてカップから押し出す投げ方やシャクを横に振って撒く方法があり様々です。

カップを一瞬止めれば団子状態でマキエサがカップから離れ、遠投性が効きます。

また、縦や横に大きく振れば広範囲にマキエサを効かすことが出来るのです。

この時季に効果的なマキエサはコレだ!

この様に、マキエサの撒き方にも様々な撒き方があり、その時の状況に合わせて使い分けると効果的となるのです。

では、この時季に効果的な撒き方は、どれになるのでしょうか?

マキエサ自体に拡散性を持たせているので、その効果を十分に発揮したいものですよね。

そうなれば、カップに圧縮せず、軽く掬い取りマキエシャクを縦方向に振ったり、横方向に幅広く振る撒き方が効果的です。

縦と横の使い分けは、その日のグレが沖からエサを食いに来るか、足下から海面に浮いてくるかによって使い分けます。

広範囲に拡散性に優れたマキエサを撒くことで、エサ取りの足止めとサシエサがマキエサの隙間を縫って本命の層に沈んでいく確率を高めるのです。

この様に、マキエサを撒くことで、エサ取りを交わすことが出来るのです。

しかし、この場合もワンパターンでマキエサを撒いていると、マキエサの落ちてくるタイミングとサシエサが投入されるタイミングを読まれ、サシエサを直ぐに取られることになってしまいます。

そこで、もう一つのマキエワークとして、マキエサを投入するタイミングと場所に変化を付けます。

例えば、マキエサを1カップ撒くときと2カップ撒くとき、右に2回撒いたら左に3回撒くとか、マキエサを撒く前にサシエサを投入して、その後に瞬時に撒くとかいろいろなパターンを時間差で行うことで更に効果的なマキエサを効かせることが出来ます。

オススメの商品はこちら

宇崎日新(UZAKI NISSIN) ゼロサム 磯X4 ヒシャク T-M 750

宇崎日新(UZAKI NISSIN) ゼロサム 磯X4 ヒシャク T-M 750

参考価格:¥8,988

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

エサ取り、本命との知恵比べが肝心!

マキエサを撒くタイミングや投入ポイントに変化を付けることで、こちらのパターンを読ませない工夫が釣果を左右します。

マキエサを疎かにせず、常にマキエサでエサ取りと本命の動きを読み、知恵比べをしながら攻めることで、また、面白いグレ釣りが楽しめる事でしょう。

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング