ハタ 写真

シーズンイン直前!ロックフィッシュを狙う前にこれだけは準備しておきたい!夏から秋に最盛期を迎えるグルーパーゲームの必要装備を徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、ロックフィシュゲームはお好きですか?

今回は夏から秋に最盛期を迎えるグルーパーゲームでの必要装備についてご紹介します!

グルーパーゲームの服装

まず、磯場に立つにあたり、マストな装備はずばり、「フローティングベスト+スパイクブーツ」となります。

身を守る為の装備として必要となってくるのですが、まず平坦で足場が整っている防波堤のような場所にはまず行けないと考えてください。

時には山を越え、岩場を飛び回り、目も眩むような崖も降りて行く事もあるので、安全装備は気を抜かずに整えましょう。

フローティングベスト

膨張式ではなく、固定の浮力体が入ったライフジャケットのことです。

転倒時には浮力体がクッション代わりになり、万が一落水した際にも、安定した浮力を保ってくれるというのが重要なポイントです。

慣れれば実に機能的で、収納能力にも優れたタイプもあるので、必ず着用するようにしてください。

オススメ商品はこちら

リアス(REARTH) フローティングベストZoom CGY フリー. FLV-2400

リアス(REARTH) フローティングベストZoom CGY フリー. FLV-2400

最安値価格
¥18,249(amazon)

Amazonへ ¥18,249

楽天市場へ ¥19,602

Yahoo!へ ¥19,602

スパイクブーツ

オシャレは足元からですが、命を守る為にも必ずスパイクピンのついた靴を着用しましょう。

岩が濡れていたり、苔が生えていたりと意外と磯場はすべりやすいです。

雨の日はスニーカーでも少しグリップ力が不安になるので、接地面積が少なくなる岩肌では滑りやすいのは言うまでもありませんね。

ラジアルスパイクとフェルトスパイクでは、それぞれ特性が異なります。

ラジアルスパイクは、接地面積が少なく、スパイクが露出しているので、グリップ力が強い一方、足に掛る負担は大きくなります。

フェルトスパイクは、接地面積が多いので、負担は分散される一方、グリップ力が落ちてしまいます。

どちらが良いかはフィールド次第ですが、ゴロゴロした磯場のみで考えれば、グリップ力を優先して、ラジアルスパイクを使ってはいかがでしょうか?

オススメ商品はこちら

リアス(REARTH) リーフブーツ スパイクピン仕様 25cm ブラック/レッドロゴ. FFW-5100-25-RED

リアス(REARTH) リーフブーツ スパイクピン仕様 25cm ブラック/レッドロゴ. FFW-5100-25-RED

最安値価格
¥7,227(amazon)

Amazonへ ¥7,227

楽天市場へ ¥7,227

Yahoo!へ ¥7,227

グルーパーゲームのロッド

まずは、お手持ちのロッドで始めることができます。

ベイト、スピニングのどちらでも大丈夫ですよ!

ただし根がかりを回避しながら底を攻める釣りとなり、魚のパワーもあるので、バスロッドでいえばHクラス~XHクラス位が使いやすいです。

シーバスロッドで言えば、Mパワー以上でしょうか。

ただしどちらも短所があり、バスロッドは、レングスが短いものが多く、遠投向きではありません。

一方、シーバスロッドは、レギュラーテーバーのロッドが多いので、どうしても根がかりしやすくなってしまいます。

エギングロッドは、ファーストテーバー寄りの設計のものが扱いやすいです。

強いて言うならば、ブランクス強度の問題と太糸使用時にガイド径が小さい事が、デメリットといえるでしょう。

グルーパー専用と謳っているロッドは、基本的にはグルーパーの根に潜ろうとする力を止めるためのバットパワーが強く、感度を重視したファーストテーパー寄りのものが多い傾向にあります。

レングスも近距離から遠距離用まで選択できるので、体格や好みに合わせて選ぶことができ、場所によってはシンカーのウエイトを重くする必要もあることなどを考えると、やはり専用設計はメリットが多いと言えます。

オススメ商品はこちら

Jackson(ジャクソン) ハイドアウトハンター HHS-810XH.

Jackson(ジャクソン) ハイドアウトハンター HHS-810XH.

最安値価格
¥30,203(amazon)

Amazonへ ¥30,203

楽天市場へ ¥30,855

Yahoo!へ ¥30,600

グルーパーゲームのリール

こちらも普段使っているもので問題ないです。

しかし、重視するポイントが1つだけあります。

それは、頑丈なリールであることです。

フッキング後、根に潜られないように強引なファイトが普通で、ドラグはきつめの設定が求められるので、対不可に耐えられる強度が必要です。

ハンドル、ドラグ、ギア、ボディ全てが堅牢であれば、悔しい思いをすることも減るでしょう。

またアクションさせるために竿を動かしたりロッドポジションを上げている状態が長いので、軽ければ疲れにくく、集中力を保っていられる時間も長くなります。

グルーパーゲームのライン

メインで使用する号数は、ベイトリールでPE1.5号、スピニングリールで1号がオススメです。

対ハタ単体で考えればもう少し号数を下げても問題ないと思いますが、ベイトリールでは細糸を使うとスプールに食い込んでしまうというトラブルが発生しやすくなり、逆に号数を上げ過ぎると潮流の影響を受け過ぎてボトムを感知しづらくなります。

スピニングリールは、遠投性を持ちつつ、多少軽いリグでも扱えるように、PE1号を使用しましょう。

ラインのコシと原糸の太さから、4本撚りを使う方が多いですね。

リーダーはフロロカーポンの20~30LB。

根が荒過ぎるときは、根ずれ対策よりもリーダー自身を浮かすことを目的に、ナイロンを使うこともあります。

擦れ強度は落ちますが、リーダーが岩に挟まるリスクが軽減されるので、回避できるスタックもあるようです。

オススメ商品はこちら

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 サステイン 4000XG サーフ ジギング ライトゲーム

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 サステイン 4000XG サーフ ジギング ライトゲーム

最安値価格
¥5,718(Yahoo!)

Amazonへ ¥25,220

楽天市場へ ¥26,455

Yahoo!へ ¥5,718

グルーパーゲームのシンカー

ハタ狙いでは、場所によりますが、14~35gくらいがメインウエイトとなります。

水深+潮流によって、または魚の反応するスピードによっても、ウエイトだけでなく素材も変えたりします。

ロックフィッシュゲームで使われる素材は、タングステン、鉛、真鍮(ブラス)の3種類です。

沈下速度はタングステン>鉛>真鍮(ブラス)となるので、テンポの速い釣りと地形を把握したい時はタングステン、フォールスピードを遅くしていくときには鉛、真鍮といった具合です。

環境ダメージ的に考えるとタングステンを使うべきなのですが、ロストの多い釣りでは経済的なダメージが大きすぎて、なかなか難しいところです。

グルーパーゲームのルアー

クロー系、グラブ系、シャッド系、カーリー系・・・

ワームの形状も色々、色も考えると、どれを使えばいいのか悩んでしまいます。

基本的にはエビカニ、小魚を捕食する肉食魚なので、何を使っても動きがあれば反応は得られるでしょう。

「○○を食べているからこの形!」と考えると思考が偏りがちなので、動きに対してワームを選ぶとバリエーションが増えます。

動きの強弱によって、ワームを使い分けましょう。

似たような形でも、素材、パーツの厚み、細かなパーツの有無で、まるで別の動きをするものもあります。

動かすスピードによって、アクションも変化するので、いろんなものを試してみるのが一番です。

匂いや味はお好みですね。

ただ、ベラやフグが多い時期だと味無しの方がかじられにくく、消耗を抑えられるので、お財布には優しいかもしれません。

梅雨が明ければ本格シーズンを迎えるグルーパーゲーム。

釣り人の皆さん、しっかり準備を整えて楽しい釣行に臨みましょう。

ロックフィッシュゲーム」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

リール」カテゴリの人気記事

ライン(釣り糸)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング