ライン 写真

東レのシーバスPEパワーゲームから新シリーズ・デイタイムが発売!その特徴やカラーラインナップをご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

釣りをしてる時に魚からどう見えているか気になりますよね?

状況に応じてルアーのカラーを変えることも多いと思います。

餌釣りではラインの色を気にする方も多く、透明以外にも複数のカラーがラインナップされています。

ルアーフィッシングではリーダーはクリアがほとんどですが、PEラインは視認性が重視される傾向にありました。

しかしデイゲームが人気となり、視認性だけでなく警戒心を与えにくいカラーも注目されています。

今回は東レから発売された魚から見えにくいシーバスPEパワーゲーム デイタイムX8の特徴やインプレをご紹介します。

新発売のシーバスPEパワーゲーム デイタイムの特徴とは?

シーバスPEパワーゲームは東レから発売されている8本撚りのPEラインです。

基本的な特徴として 洗練された8本ブレイド製法と独自の特殊コーティングにより、 糸断面を真円に近づけることで、糸表面の摩擦面積を抑え、 軽いルアーでもより遠く、より正確なキャストを実現しています。

その中でもデイタイムは、激化するフィールドコンディションを打開するため、デイゲーム(日中)用に開発されたものです。

宮川 靖プロの経験を参考にアングラーからは見えやすく、魚からは見えにくいカラーを求め、最大の特徴であるカモフラージュレッドが採用されました。

ラインカラーのヒントは漁師網?

この色は漁師が多用する漁網の色、赤黒いカッチ色でした。

多くの魚が違和感を憶えずその網にかかってしまう漁網の色=それは、魚に認識されにくい色ということです。

海藻の色とも同化しラインの存在をカモフラージュするとともに、色濃くすることでデイゲームでの視認性を確保しています。

シーバスPEパワーゲームのカラーラインナップとは?

今回発売となったレッドの他にホワイトをラインナップしています。

PEライン本来のカラーであるホワイトは夜間の視認性に優れ、わずかな光量でもキャストの方向やバイト後のランディングを高い視認性でサポートしてくれます。

しかし日中となると、シモリや波打ち際では白い波が発生し逆にカモフラージュとなります。

デイタイムのカモフラージュレッドは白く砕けた波打ち際でも視認性は抜群です。

そのためホワイトは状況によってはデメリットでもあります。

東レでは、夜間での視認性の高いホワイトと日中に強いデイタイムの2本柱で、どの時間帯も攻略できるラインナップとなっています。

シーバスPEパワーゲームのインプレとは?

声として多かったのは滑らかであること。

・糸馴染みがよく、違和感なく釣りに集中ができる。

・ガイドでの抵抗が少なく飛距離が出やすい。

・巻き心地がよく、糸鳴りがしにくい。

・柔らかいのに強い

このように、インプレでも高評価です。

ただデメリットとしては、ホワイトは糸の汚れが目立ちやすいという意見もありました。

総合的に評価が高く、支持されているラインからの新シリーズ!

リールに巻いた時も非常にカッコいいですね。

日中での釣行頻度が多い方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

快適な釣行を楽しむことが出来ると思いますよ。

詳細はこちらをご確認ください。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング