アコウダイ 釣り人 写真

アコウダイ釣りに挑戦してみませんか?深海の王様の釣り方やおすすめの食べ方まで徹底解説します!

FISHING JAPAN 編集部

深海という言葉からイメージするのはどういう光景でしょうか?

光もなにもない暗黒と沈黙に支配された世界だと思っていませんか?

ところが実際は大違いで、海底近くや中層はさまざまな光源に満ち、騒音と表現してもおかしくないほど雑多な音に満ちあふれた世界だといわれています。

では、深海とはどれぐらいの深さの海を指す言葉でしょうか?

今回は深海のターゲットとして人気があるアコウダイについて詳しく見ていきましょう。

釣り人のみなさんは気になるところですよね!

深海ってどれくらいの深さ?

海洋科学の分野では、深海とは日本列島を取り巻く大陸棚よりもさらに沖の深い海で、水深が200mを超える海域となっています。

こういう場所に棲む魚が深海魚で、たとえば水深200mの場所に住む魚だと、1平方cm当たり21kgもの水圧がかかるといわれています。

いうなれば深海魚は、人の想像を絶する水圧に耐えて生活しているわけですね。

アコウダイが釣りのターゲットになるまでは?

かつて、このような深海は職漁師の漁場で、釣り人のとっては夢の釣り場でした。

しかし、昭和30年代に大型の電動リールが開発され、伸びのないワイヤライン、その後に今では定番商品になったPEラインなどが次々と登場して、釣り場がより深い海へと次第に広がっていったのです。

このような深海釣りが深場釣りと呼ばれていた初期のころ、水深が300m前後で釣れる対象魚はチカメキントキやウッカリカサゴ、イズカサゴなどでした。

これがさらに深い400~600mの深海が狙えるようになって、ようやくアコウダイが脚光を浴びるようになったのです。

アコウダイは、目にも鮮やかな緋色(ひいろ)の魚体をしたフサカサゴ科メバル属の魚で、大型は60cmを超える大きさになります。

釣り上げると水圧の関係で目が飛び出すやつがいるため、メヌケ(目抜け)と呼ばれることもあります。

北の海ほどアコウダイの仲間が多いのですが、釣りの対象になっているのはアコウダイとホウズキの2種だけです。

両種とも外見はそっくりなので漁師も釣り人も区別せずにアコウダイと呼んでいます。

アコウダイの釣り方は?

アコウダイは、普段水深500~700mの深海で生活しています。

しかし、1~3月の寒い時期に水深300~400mの底に変化のある場所にやってきて産卵するため、このときが釣りのベストシーズンに当たるわけです。

300~400号のオモリをつけ、15~20本のハリがついた胴突き仕掛けにヒイカやサバ、カツオなどの切り身を刺し、10分近くもかけて底まで下ろしアタリを待ちます。

ひと流しで1時間以上もかかる釣りなので、一日4、5回しか仕掛けが下ろせないスケールの大きな釣りでもあるのです。

アコウダイは群れで生活しているので、いいポイントに当たるとアタリが連発します。

そのため、何度かのアタリをため仕掛けを巻き上げてくると、水圧の関係で途中から魚が浮いてきます。

はるか彼方の水面に突如、鮮やかな緋色の魚体が浮いてくるため、初めての釣り人はビックリします。

上手に食わせた人ほど浮いてくる数も多く、一つ、二つと数えながら釣り上げるのが、この釣りの面白さであり醍醐味なのです。

お腹を上にして浮いた魚の行列が出来るのですが、これを見て釣り人は、アコウダイの提灯行列と表現しました。

アコウダイのおすすめ料理はこれ!

こうして釣り上げたアコウダイは、鍋料理がおすすめです。

魚ちりや魚すき、寄せ鍋など、どんな料理でもよく調和しておいしいですよ。

特に顔の周りの身が飛びきり美味しいので、決して食べ忘れないで下さいね。

たくさん釣れたときの保存食は、味噌漬けがおすすめです。

ぜひ、アコウダイ釣りに出掛けておいしいお土産をゲットしてみてくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング