ワーム 写真

好評のグラスミノーM/Lサイズに2018年追加カラーが仲間入り!ロックフィッシュからヒラメ・マゴチまでターゲットにする実力派ワーム!

FISHING JAPAN 編集部

エコギアから発売中のグラスミノーM/Lに、2018年追加カラーが仲間入りしますよ。

グラスミノーといえば、シャッドテールワームの草分け的存在で、多くのアングラーから支持を受け続けているアイテムです。

その特徴や製品カラーラインナップをご紹介しましょう。

グラスミノーM/Lの基本情報!どんなシャッドテールワームなの?

グラスミノーM/Lは、最後尾がT字型のシャッドテールデザインになっている細身ワームです。

水中でスローにリトリーブしても、しっかりテール部分が動いてくれますよ。

またボディはやや張りのあるマテリアルにリブが刻まれていて、まさにベイトフィッシュそのもののアクションを演じることができます。

Mサイズが全長64ミリ、Lサイズが全長85ミリになります。

この2つ以外にも、SSサイズ・Sサイズという極小タイプも用意されているので、ターゲットに合わせて使い分けることができます。

製品を使用した実釣インプレ動画はこちら

グラスミノーM/Lはさまざまなリグに対応可能!

このシャッドテールワームは、ジグヘッドリグはもちろん、スプリットショットリグやテキサスリグ・キャロライナリグなど、さまざまなリグに対応できます。

岩礁帯や砂地など、釣り場の状況は千差万別。

それらにフレキシブルに対処できるのは、現場で悩む必要がありませんからありがたいですね。

ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュ系にも効果有り!

グラスミノーM/Lは、特にサーフでのヒラメ・マゴチといったフラットフィッシュ系にも効果があります。

主にヘビーウエイトなジグヘッドにリグって、遠投による広範囲チェックをおこないます。

各種リトリーブでバイトがなければ、リフト&フォールで誘い出してみましょう。

2018年追加カラーラインナップはこちら

グラスミノーM/Lには、2種類の追加カラーがラインナップされます。

●房総プラチナキスカラー

●常磐プレシャスオレンジカラー

どちらもヒラメが飛び付きそうなカラーですよね。

是非釣り場で試してみてください!

同メーカーの現行おすすめアイテムはこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング