ジグヘッド 写真

上下逆さまに使えるジグヘッド!?魚種や状況に応じて使い分けができる!がまかつ レンジスイマー タイプ リバーシブルをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

ルアーフィッシングをする上でワームはかかせないですよね!

ワームを使うために様々なタイプのジグヘッドが発売されていますが、どんなジグヘッドを使っていますか?

ヘッドの形状により、同じように使っても引けるレンジが変わることもあります。

今回はジグヘッドの中でも珍しい、針の位置が上下どちらでも使えるレンジスイマー タイプ リバーシブルの特徴や使い方をご紹介します!

レンジスイマー タイプ リバーシブルの特徴とは?

レンジスイマー タイプ リバーシブルの最大の特徴はアイが2つあるため、針を上向き・下向きどちらでも使えることにあります。

通常のジグヘッドは針が上向きになるのが一般的です。

それは下から見たときに針が隠れるため、よりナチュラルに誘うことができるからです。

さらに捕食の瞬間、魚の上顎にフッキングすることによってバラシも少なくなります。

ただ捕食の状況や魚種によっては針が下向きの方がフッキング率が上がるため、使い分けができることは大きなメリットと言えますね。

ヒラメやタチウオに効果的なジグヘッド!下向きセッティングの使い方やメリットとは?

レンジスイマー タイプ リバーシブルは、ヘッドの形状が左右対称のため、どちらのアイにセットしても真っ直ぐ泳いでくれます。

そのため使い方は針を向けたい方向にセットするだけです!

では、どういう時に下向きを使用するのか?

それはヒラメやタチウオを狙う時や当たっても乗らない時が効果的です。

青物やシーバスなどは丸呑みにするため、針が上だけでも問題ありません。

しかしヒラメやタチウオは、下から噛みつくようにアタックすることが多いため、上側に針がある場合は、ワームに傷がつくだけでフッキングしないことがあります。

そのため針が下側にあったほうが、より確実にヒットに持ち込むことができるんです。

さらに、トレーラーフックをセットすることにより、ワインドのようなセッティングも可能です!

テール付近のバイトをカバーすることができ、さらにフッキング率もアップします。

下側のアイにトリプルフックをセットしたり、ブレードをセットしたりとチューニングは様々です。

ウエイトも7g~21gまでラインナップされ、水深や必要な飛距離に応じて使い分けることができます。

フックは刺さり抜群のがまかつ製でインプレでも高評価です。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

がまかつ レンジスイマー タイプ リバーシブルの詳細はこちらをご確認ください。

ご購入はこちら

がまかつ(Gamakatsu) レンジスイマー タイプリバーシブル #2/0-21g

がまかつ(Gamakatsu) レンジスイマー タイプリバーシブル #2/0-21g

最安値価格
¥592(楽天市場)

Amazonへ ¥847

楽天市場へ ¥592

Yahoo!へ ¥592

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング