ルアー 写真

青木虫ミッドはよく飛んで、ドックウォークがしやすい虫系ワーム!カバー撃ちに最適です!

FISHING JAPAN 編集部

青木大介プロが監修した究極の虫ルアー「青木虫」に 、1.7インチの新しいモデルが登場しました。

その名も、「青木虫ミッド」です。

これまでの青木虫の中でも、最高の飛距離を実現した虫系ワームです。

早速、気になる特徴や使い方、インプレをご紹介します。

究極の虫ルアー・青木虫とキング青木虫とは?

「青木虫」は、JBトッププロの青木大介プロ監修のもと、2013年より発売されている虫系ワームです。

第1弾の青木虫1.5インチは、「シェイクした際の微波動」と「静止時の存在感」をコンセプトに作られ、大ブレイクしました。

足の動きとラバーの存在感が、アクション時も、静止時も、バスによくアピールしてくれます。

さらに、第2弾のキング青木虫2インチは、基本性能はそのままに、バークレイ独自の新素材であるU.L.D.T. マテリアルを採用しています。

このU.L.D.T. マテリアルは耐久性に優れており、長時間にわたり水中での浮力が変化しません。

そして、ハードベイトの特徴はそのままに、ソフトベイトと価格帯が変わりません。

また、オフセットフックが使用可能なので、ベイトタックルを使ったカバー攻略にも使えます。

青木虫ミッドの特徴

第3弾の青木虫ミッドは、1.5インチの青木虫と、2インチのキング青木虫の中間的サイズの1.7インチに設定されています。

青木虫とキング青木虫では難しかった高速ドックウォークを可能にするため、後方ラバーが長いドックウォーク向きのデザインとなっています。

そのため、素早いアクションで幅広い面をサーチし、アピールすることを得意としています。

また素材には、キング青木虫と同じU.L.D.Tマテリアルを採用することで、2.5gの自重をキープし、飛距離も安定して出すことが可能です。

青木虫ミッドの使い方は?

基本的な使い方としては、まずは障害物の近くまでキャストします。

カバーの奥までスキッピングして入れ込むことも可能です。

その後は、トゥイッチングしてドックウォークさせ、ベイトフィッシュが逃げる動きを演出させます。

水面で少し停止させて、食わせの間を作ると、ラバーが揺れてバスにアピールすることができます。

詳細はこちらの動画をご覧ください!

インプレはこちら

青木虫ミッドは、陸っぱりやボート釣りなど、あらゆるエリアで使えます。

特にカバー撃ちでの、バスの反応がいいです。

それでは、インプレをご紹介します!

カラーラインナップはこちら

カラーラインナップは全部で10種類あります。

・グリーンパンプキン

・グレイ

・ブラック

・ライムグリーン

・ブラウン

・ナチュラルインセクト

・ホワイトブラックバック

・パープルバックレッド

・フルゴールド

・ミミズ

虫やフロッグカラーはもちろん、ベイトフィッシュを演出できるラインナップが揃っています。

釣り人のみなさんも、ぜひ青木虫ミッドでカエルパターンやベイトフィッシュパターンなど、あらゆるアクションでバスを狙ってみてはいかがでしょうか?

詳細は、バークレイの公式HPをご覧ください。

ご購入はこちら

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング