ルアー 写真

バウンシーはデットスローで発揮する波動と引き抵抗が魅力!最強シーバスチャターベイトの気になる特徴や使い方などをご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

アブガルシアのバウンシーというルアーはご存知ですか?

村岡昌憲氏が手がけたルアーで、水深の深いエリアでのデッドスローを得意とするシーバスチャターベイトです。

気になる特徴や使い方、カラーラインナップなどをご紹介します。

バウンシーの特徴

バウンシーの特徴は、デッドスローでありながら、強い波動を生み出すハイピッチローリングです。

ブレードが超高速で左右に大きく振れて、その動きが全体に伝わり、周りにアピールします。

従来のチャター系にはない、バイブやブレード系並のハイピッチローリングを、水深の深いエリアで、しかもデットスローで確実に演出できるのが魅力です。

これまで鉄板バイブやスピンテール系などのアクションではアピールできなかった、根魚やフラットフィッシュ、シーバスに猛烈にアピールできます。

特にターゲットに気づかせるのが難しい、夜のボトムゲームや濁りの強い日に使いたいルアーです。

3つのサイズラインナップ

バウンシーには、14g・21g・28gの3つのサイズラインナップがあります。

14g

かなりスローに引いてもボトムを引きずらず、シャローをトレースできるよう調整されています。

河川のゴロタの足元並行引きや、干潟などの水深1.5mより浅いシャローで活躍するサイズです。

21g

バウンシーのワームアクションを最も実感できるセッティングになっています。

港湾や河川の水深2~4m前後に対応したオールラウンダーサイズです。

どのサイズを使えばいいかわからない方は、このサイズからの使用がおすすめです。

28g

安定した飛距離と、沈降速度にこだわったサイズです。

沖堤などのディープエリアですっと沈んでゆっくりと引くことができます。

バウンシーの使い方は?

バウンシーの基本的な使い方は、ゆっくりタダ巻きです。

ゆっくりと巻くだけで、底にはつかずに大きな波動を出して、周りの釣り人とは少し違ったアピールができます。

リフトアンドフォールでアクションをつけるのも効果的です。

底につきにくく、根掛かりもしないので、初心者でも扱いやすくオススメです。

村岡昌憲氏の実釣解説動画はこちら

バウンシーのカラーラインナップ

カラーラインナップは全部で12色あります!

・AKA (アカキン)

・BE (稚魚イール)

・BPK (ブルピン)

・CLG (クリアグリーン)

・CLS (クリアスモーク)

・DBP (特濃ブルピン)

・DKBLU (ダークブルー)

・FP (フレッシュピンク)

・GLP (グローパープル)

・MGR (マスカットグリーン)

・PPFL (パープルフレック)

・RH (レッドヘッド)

サイズやカラー展開が豊富なので、釣り場の状況(濁りや時間帯)やターゲットに応じてルアーロテーションすることで、より釣果アップが期待できますよ。

釣り人に皆さんも、ぜひバウンシーで水深の深いエリアのターゲットを狙ってみてはいかがでしょうか?

詳細はアブガルシアの公式HPをご確認ください。

ご購入はこちら

アブガルシア ソルティーステージ バウンシー 21g

アブガルシア ソルティーステージ バウンシー 21g

Amazonへ

楽天市場へ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング