釣り人 バス 写真

コンパクトなのにハイアピールな絶好アイテム!スピンテールジグをキャストして春の荒食いバスを追いかけてみよう!

FISHING JAPAN 編集部

4月に入って一気に気温が上がってきましたね。

それとともに池や湖の水温も上がり、棲んでいるバスの活性も上昇していますよ。

さぁ釣り場へ出かけてみましょう!

春の釣り場はバスを狙う釣り人でいっぱい!

釣り場に到着して驚くのは、バスを狙っている釣り人の多さ。

手に手に好みのルアーをぶら下げて、池に向かってキャストを繰り返す姿があちこちに。

どうやら簡単に釣れてくれそうなバスは、残っている感じがしません。

そんな状況に出くわしたら、あなたならどう攻めますか?

おすすめの使用ルアーはスピンテールジグ!その理由は・・

おすすめは、コンパクトなルアーです。

セコ釣りをしよう!というのではありません。

コンパクトなルアーのほうが、たくさんのルアーをすでに投げ込まれてハイプレッシャーになっている池には、とても効果的なのです。

ただしコンパクトなだけではダメ。

しっかりとバスにアピールできる機能が携わっていなければ釣れませんよ。

そこでチェックして欲しいのは、最後尾に金属製ブレードの付いたスピンテールジグです。

狙うのは岸際にウイードが絡んでいるポイント!

スピンテールジグなら、遠くへキャストできるので広範囲を探れますし、その場で落とし込むこともできます。

正確にピンポイントを射抜くキャストも可能ですから、バスが居そうなところはほぼ全てチェックできるでしょう。

しかも金属製ブレードによるフラッシングや水押しで、離れたところにいるバスも引き寄せますよ。

岸際はもちろん、その沖合いにウイード=藻などが繁殖しているエリアを中心に、スピンテールジグを通してください。

スピンテールジグを使った分かりやすい実釣シーンを収録している動画はこちら

スピンテールジグの操り方は、動画を参考にしながら実践してみましょう。

自重が7グラムを超えればベイトタックルでキャストできるようになりますから、常にコンパクトであることを念頭に置いてアプローチしてください。

もし根掛かりしても強くロッドをあおらず、近くまで歩き寄ってからロッドの振り角度を変えて外しましょう。

スピンテールジグの関連記事

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング