マダイ 写真

タナ返しってどうやるの!?12m超のロングハリスはこれで一発同調!ぜひ試したいそのテクニックとは!?

FISHING JAPAN 編集部

最近の沖釣りは、ライトタックルを使ってマダイやイサキ、アジ釣りなどが盛んですね。

こういう釣りでは、細くて長いハリスを使う機会が増えました。

たとえばマダイ釣りの場合は、超ロングハリスを使うことも珍しくありません。

こんな長いハリスを使って、ここぞという狙ったタナを釣るときにぜひ覚えておきたいのがタナ返しというテクニックです。

では、このタナ返しとは一体どのようなテクニックなのでしょうか?

速くタナに仕掛けを下ろしたい!

仕掛けを投入したとき、テンビンは重いのですぐに狙ったタナに届きます。

ところが長いハリスは軽くてテンビンよりかなり遅くゆっくりと落ちていくため、テンビンと同じタナになじむまでに時間がかかるわけです。

ロングハリスは、ゆっくりサシエが落ちていくときに魚が食うという利点もありますが、それが毎回、ヒットするわけではありません。

それよりも狙ったタナに仕掛けを速く下ろしてエサを撒き、狙った魚が食うのを待った方がうんと確率がよくなるはずです。

ハリスの長さ分をプラス!

こんな時に有効なテクニックがタナ返しです。

まず、50mのタナを釣ろうと思うときは、急いでリールをフリーにし、狙うタナの深さまで仕掛けを下ろします。

この時点では、軽いハリスは、まだテンビンの上方で静かに揺らいでいて、ゆっくり落ちてきている状態です。

そこで、すぐにハリスの長さ分だけプラスして、仕掛けを下ろして下さい。

たとえばハリスの長さが15mだとしたら、50m+15mで65mになります。

12mの場合は、62mです。

次に長さ分巻き上げる!

こうしてテンビンが65mのタナまで落ちたとき、ハリスの先端にあるサシエは落ちるのが遅いので、ハリスに引っ張られながらも恐らく50m付近のタナにあるはずです。

こういう状態になったとき、すぐにハリスの長さ分だけ余分に下ろした仕掛けを、元の位置まで引き上げてみましょう。

つまり、ハリスの長さ分ですので15m引き上げるのです。

15m余分に下ろして、すぐに15m巻き上げる。

これをやることによって、狙っていた50mのタナへ理想通りにサシエを持ってくることができるわけです。

そして、時間をかけずにサシエが狙い通りのタナへ落ち着いたところで、大きく竿を振ってコマセを撒いてやると、ゆっくり落下しながら流れていくコマセと、15m先で潮に乗って揺らいでいるサシエがうまく同調して、狙いの魚が食いつくというわけです。

ぜひ釣り人の皆さんも、タナ返しにチャレンジしてみてくださいね!

関連記事

マキエとサシエをうまく同調させるには?コマセのマダイ釣りで大活躍!潮の速さによってハリスを調整しよう!

タナ取りってどうやるの?その質問に徹底的にお答えします!仕掛け別の方法まで大公開!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング