クロダイ 鯛めし 写真

マダイだけじゃない!広島の郷土料理として知られる「クロダイで作る鯛めし」が絶品!気になる作り方を大公開!

FISHING JAPAN 編集部

鯛めしといえば、マダイを使って作る代表的な料理のひとつです。

マダイは日本各地に広く分布しているので、各地方で個性的な鯛めしが誕生しました。

そんな中、広島県の芸予諸島(げいよしょとう)には、ちょっと変わった鯛めしがあるようです。

いったいどんな鯛めしなのでしょうか?

1kg前後のクロダイで作る鯛めし

広島県の芸予諸島の鯛めしが変わっている理由は、マダイの代わりに地元でよく取れるクロダイを使っているところにあります。

体色は赤と黒で大きく違いますが、どちらもタイ科の魚なので鯛めしと呼んでも、全くおかしくありません。

地元の漁師さんに聞いてみると、マダイよりもクロダイの方が悪食なので、荒削りとなりますが、野性的な味が出るそうです。

クロダイは、水温が下がる初冬から早春にかけて、越冬のために深場へ落ちた頃から身に脂がよく乗り始め、一段と美味しくなります。

鯛めしは、この季節のクロダイを使って作るのが一番美味しいそうです。

使うクロダイの大きさは1kg前後のものが最適だそうですよ。

クロダイの鯛めしの作り方

作り方をご紹介します。

笹がきゴボウと色づけにニンジンを用意したら、米を研いでゴボウとニンジンを散らした後、酒と醤油で味を調えます。

そして、ウロコを落とし、内臓やエラをきれいに掃除したクロダイを姿のままのせます。

クロダイは最初から釜に入れてご飯を炊かないことには、いい味が出ないそうです。

こうすると魚からたっぷり旨みが出るので、調味料は酒と醤油だけで十分だというわけなのです。

水加減に注意!

鯛めしのような炊き込みご飯を作るとき、一番難しいのが水加減です。

水が少なすぎるとご飯が硬くなり、逆に多すぎると全体がべちゃべちゃしておいしくないです。

これは目安でしかないですが、魚や野菜から水が出るのを考慮して、普通のご飯を炊く時よりも1割ほど少なめの水加減にするといいです。

こうしてご飯を炊きあげたらクロダイの身をほぐし、きれいに骨を取ってからよくかき混ぜたらできあがりです。

鯛めしよりもずっと野性的な味で、魚好きの人は、きっと病みつきになるはずですよ!

ぜひ、クロダイで作る鯛めしを試してみてくださいね!

関連記事

DAILYランキング