ワーム ジグヘッド 写真

ピンテールワーム+ジグヘッドの中層スイミングで攻略する春のバス!意識するのはバスの目線より上の層!

FISHING JAPAN 編集部

いよいよ春を迎えますね。

産卵前のバスは、冬の間に落ちた体力を補うために、ベイトフィッシュの捕食を繰り返します。

さまざまなルアーを使って釣ることができますが、今回のおすすめはワームのジグヘッドリグ。

その使い方をご紹介しましょう。

ワームをジグヘッドリグで操ってみよう!

ワームをジグヘッドにセットして使う、ジグヘッドリグ。

キャストとしてそのままにしておくと、底まで沈んでしまうリグです。

そういうタテ方向に探る使い方でも釣れないことはないですが、春という季節には向いていません。

ではどのような場所で、どのように使えばいいのでしょうか?

具体的な種類やサイズ・タックルセッティングは?

4インチサイズのピンテールワームを用意し、1/16オンス前後のジグヘッドにセットしてみましょう。

スピニングタックルで、ラインは4ポンド前後のフロロカーボンラインに直結します。

キャストする場所は、岸辺に近いけれど水深のあるところ。

底が見えてしまうような浅場は、あえて避けるようにします。

ヨコ方向に引っ張ってスイミングさせる!

なぜピンテールワームのジグヘッドリグを使うのかというと、中層をヨコ方向に引っ張ってスイミングさせるのに適しているからですよ。

そういうベイトフィッシュを、底付近から見上げているバスが存在する!と想定するのです。

浅ければ見上げることができませんから、おのずと深いエリアでおこなうことになります。

ただし、季節は産卵を控えた春ですから、産卵床を作りそうな岸辺に近いところを選びましょう。

水中におけるピンテールワーム+ジグヘッドのアクション動画はこちら

中層をヨコ方向に、一定のスピードで泳ぎ続けるベイトフィッシュがいたら、やはり無防備に見えてしまいます。

そんなスキだらけの個体を、捕食モードの春バスが放っておくはずがないのです。

ポイントは、急なリフト&フォールアクションを加えずに、一定のスピード・一定のリズムでリグをスイミングさせること。

無防備な雰囲気が漂う泳ぎができるようになれば、バスが襲ってくるのは時間の問題でしょう。

動画でご紹介したおすすめアイテムはこちら

GEECRACK ジークラック リバイバルシャッド SAFマテリアル GEECRACK revival shad 【メール便可】 355 エレクトリックワカサギ 4インチ

GEECRACK ジークラック リバイバルシャッド SAFマテリアル GEECRACK revival shad 【メール便可】 355 エレクトリックワカサギ 4インチ

最安値価格
¥748(amazon)

Amazonへ ¥748

楽天市場へ ¥748

Yahoo!へ ¥748

関連記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング