リッピー メバル 写真

ミノーのようなリップ付きワーム!?今話題のドミクラフト リッピーとは?その特徴や使い方、ラインナップをご紹介します!

FISHING JAPAN 編集部

ライトゲームが面白いこの季節。

気軽に始められる反面、扱うウエイトが軽いので難しいともよく聞きます。

プラグのように巻き抵抗があればわかりやすいですよね?

実はプラグのようにリップ付きのワームがあるのをご存知ですか?

今回はリップ付きワーム リッピーの特徴や使い方、ラインナップをご紹介します。

ドミクラフト リッピーの特徴と使い方とは?

リッピーの最大の特徴は、ヘッド部分の形状です。

ミノーのようなリップで、よく水を掴むので、引き抵抗を感じながらリトリーブすることができます。

引き抵抗を感じりことができるということは、操作感も向上し、またスローに引けるというメリットもあります。

使い方はいつも通りでOKです。

ただ巻きやテンションフォールで誘います。

ただ、引き抵抗がある分、ジグヘッドはワンランク軽いものでも同等の使用感が実感できます。

より魚にじっくりとルアーを見せることが出来るので、今までとは違う反応を得ることが可能かもしれませんね。

アジングとメバリングモデルがラインナップ!その違いとは?

アジングモデルはストレートワーム

アジングはフォールで誘う機会が多いため、口の中にワームが畳んで入りやすい形状になっています。

またハンドポアード特有の柔らかいボディで違和感なくフッキングまで持ち込むことができます。

メバリングモデルはシャッドタイプ

メバリングは巻いて誘うことが多いため、よりベイトライクな形状になっていますね。

しかしメバルでもフォールでの反応がいい時や、バチなど細長いエサを捕食していることもあります。

その日の反応や状況に応じて、〇〇用という言葉にとらわれずトライしてほしいですね。

カラーラインナップも多彩でオススメです。

尺超えサイズの釣果報告も多数受けている実績ワームですので、店頭で見かけた際は一度手にとってみてはいかがでしょうか?

ドミクラフトはネットショップもしているので、リッピーの詳細をもっと知りたい方は、ぜひホームページをチェックしてみてください!

関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング