ジグヘッド 写真

メジャークラフトのブンタは根掛かりしないジグヘッド!ダートタイプと根魚タイプから選んで使おう!

FISHING JAPAN 編集部

メジャークラフトから発売されているジグヘッド・ブンタは使いやすくて魚が釣れると話題です!

メバリングやアジングをする時に大活躍するジグヘッドですが、意外といろんな種類があって迷ってしまいますよね。

大きさやヘッドの形、重さなどが様々ですが、今回は初心者の方にもベテランの方にもオススメしたい製品をご紹介いたします!

メジャークラフト ブンタの特徴は?

メジャークラフト ブンタの特徴は、刺さり&耐久性で実績のあるオリジナルフックにあります。

ダートタイプの腹部にはアシストフック用アイもあるので、フックを増やしてフッキング率を上げることも出来ます。

根魚タイプはリーリングに障害物を回避する起き上がりこぼし機能を持たせているのがポイントです。

3.5g・5.0g・7.0g・10g・14g・20g・30g・40gと幅広いサイズが展開されているので、使いやすいサイズを探してみてくださいね。

ブンタは、7~14gのサイズが人気のようです!

サイズ展開や商品詳細は、メジャークラフトのHPをご覧ください。

ジグヘッドはどう選ぶ?根魚タイプとダートタイプを使い分けよう!

ブンタは、ダートタイプと根魚タイプの2種類があります。

それぞれの特徴を分けてご紹介いたします。

ダートタイプ

ダートタイプは、ワンピッチでダート、ただ巻きでゆらゆらと自由自在な動きができるのが特徴です。

また、ダートタイプの20~40gは、ワイヤートレブルフックアシストを装備しているので、フッキングがうまく出来ない時は、アシストフックを付けてみてくださいね。

アシストフックをつけることで、下方向からのフラットフィッシュのバイトを確実に捉えることができます!

ワームキーパーは、小さめなのでワームが痛みにくい仕様になっていますよ。

根魚タイプ

根魚タイプは、大型根魚を対象としたジグヘッドです。

リーリングでラインテンションをかけると、フックが立ち上がる起き上がりこぼし設計になっています。

また、障害物を回避しやすいセッティングになっているため、根掛かりも比較的回避できます。

こちらもワームキーパーは小さめなので、ワームが傷みにくくていいですね!

ご購入とインプレはこちら!

価格がお求めやすいので、コスパが良いと話題です。

ダートタイプ

メジャークラフト ジグパラヘッド ブンタ ダートタイプ  JPBU-DART

メジャークラフト ジグパラヘッド ブンタ ダートタイプ JPBU-DART

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

根魚タイプ

メジャークラフト ジグパラ  ヘッド ブンタ 根魚タイプ

メジャークラフト ジグパラ ヘッド ブンタ 根魚タイプ

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ジグヘッドにしては大きいサイズのブンタですが、使いやすさはイチオシです。

皆さんも一度使ってみてくださいね!

関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング