ロッド 写真

ポイズンアルティマに追加モデル登場!6.10フィートなのに操りやすい理由とは?詳細スペックを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

2018年シマノのバスロッド・ポイズンアルティマに追加モデルがリリースされます。

その形式は1610L-BFS、6.10フィートもの長さがあるベイトフィネスタイプです。

そのスペックを詳しく見てみましょう。

ポイズンアルティマとはどんなバスロッドなの?

ポイズンアルティマとは、シマノとジャッカルがコラボレートしたバスロッドのハイエンドモデルです。

シマノ最高のロッド製作技術と、ジャッカルのバス釣り経験値を融合させたもので、釣り人から第注目のアイテムになっています。

すでにリリースされているモデルが存在する中で2018年に追加される1本、それが1610L-BFSなのです。

ポイズンアルティマ1610L-BFSのグリップに注目!

追加モデル・1610L-BFSのグリップ部分見てください。

配色は黒で統一されていて、素材はカーボン。

それをフルカーボンモノコックで仕上げて、軽量化と高感度化を同時に実現しています。

既存モデルの6.10フィートロッドが自重100グラムを切っていますから、この追加モデルも期待できますね。

実際に今年のフィッシングショーで手に握ってみたときの軽さ・振りやすさは、これまでのロッドを凌駕したレベルでした。

ブランクにスパイラルXコアやNANOPITCHを採用

ポイズンアルティマ追加モデル・1610L-BFSのブランクには、スパイラルXコアやNANOPITCHが搭載されています。

どちらもロッドの高強度化を生み出している技術で、実釣時に釣り人を助けてくれるのは間違いないでしょう。

本来6.10フィートもの長さがあれば、持ち重り感が発生するのは仕方ないところ。

それを最新の技術で抑え込み、手元感度の向上につないでいるのは嬉しいですね。

2018年追加モデルのスペック表はこちら

ポイズンアルティマ長さ(m)継ぎ数自重(g)適合ルアー(g)適合フロロカーボンライン(lb)テーパーメーカー希望本体価格(円)
1610L-BFS2.081未定3.5-106-12FF78,000

ポイズンアルティマは、ハイプレッシャーになっている釣り場において、長い距離を正確に撃ち抜いて、狙った理想のポイントへルアーを届けるためのベイトフィネスロッドです。

フッキングに至るまでの動作を確実におこなえるよう、自らの技術も上げていきたいですね。

現行モデルのご購入はこちら

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアルティマ ベイト 174MH-G スイムジグ グラスコンポジット

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアルティマ ベイト 174MH-G スイムジグ グラスコンポジット

最安値価格
¥59,800(楽天市場)

Amazonへ ¥67,355

楽天市場へ ¥59,800

Yahoo!へ ¥59,800

シマノの関連記事

ロッド」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング