魚 釣り人 写真

誰でも手軽にマダイが釣れる!ひとつテンヤってどんな釣り方なの?誘い方やおすすめタックルに注目!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、ひとつテンヤの釣りを楽しんだことがありますか?

元々漁師さんが使っていた漁具から発展した釣り方なんですよ。

千葉県の大原の乗合船で、スピニングリール+ロッド+軽い重量のテンヤという釣り方が大いに爆釣して、一気に全国に広まったのです。

その詳しい誘い方やおすすめタックルをご紹介しましょう。

ひとつテンヤってどんな釣り方なの?誘い方はどうすればいい?

ひとつテンヤとは、オモリとフックが一体となったテンヤ仕掛けに、エビや専用ワームをセットして、バーチカルに船の真下を探りながらマダイを狙う釣り方のことです。

ダイレクトに手元に伝わってくる、底の変化や魚のバイトに迫力があって、ファンが急増していますよ。

仕掛けにエビを付けるので、対象魚はマダイに限りません。

ロックフィッシュや青物なども簡単に食い付いてきますから、とてもエキサイティングです!

ひとつテンヤを広めた立役者はPEライン!

ひとつテンヤが急速に広まった理由は、やはりPEラインの性能が格段に向上したからではないでしょうか。

特に細いPEラインを使えるようになったので、3号程度の軽いひとつテンヤ仕掛けでも、底を取れるようになりました。

上級者のみが感じ取れるのではなく、初心者でも底に着いたのが分かるということが素晴らしいですね。

具体的にはPEラインの0.6号が使えてしまうので、感知能力はかなり高いといえるでしょう。

使用タックルはスピニングリールとスピニングロッド!

ひとつテンヤに使うタックルは、細いPEラインにあわせて、スピニングリールとスピニングロッドでじゅうぶんです。

スピニングタックルだからこそ、初心者にとってハードルの高くない釣り方になったのです。

とても分かりやすく丁寧な実釣解説動画はこちら

ひとつテンヤには活きエビや冷凍エビを付けるケースが多いですが、もしキャスティングを含めた誘い方をするつもりなら、ズレたり千切れたりしにくいワームを使うことをおすすめしますよ。

これからもっと進化する可能性を秘めた、ひとつテンヤの釣り。

ぜひあなたも今年から始めてみませんか?

動画で使用しているアイテムはこちら

JACKALL(ジャッカル) ビンビンテンヤ鯛夢 10号 中針 ピンクグロー/ゴールド

JACKALL(ジャッカル) ビンビンテンヤ鯛夢 10号 中針 ピンクグロー/ゴールド

参考価格:¥1,478

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

テンヤの関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング