ロッド 写真

ボーダレスGLシリーズに長くて軽いLモデルが2018年新発売!その詳細スペックとラインナップを徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

2018年シマノのボーダレスGLシリーズにLモデルが加わりますよ。

GLとはガイドレス仕様のロッドのことで、すなわち延べ竿を指しています。

新発売となるLモデルは長いのに軽いのが特徴で、その詳しいスペックと製品ラインナップを見ていくことにしましょう。

ボーダレスGL Lモデルってどんなロッドなの?

ボーダレスGL Lモデルとは、多彩な魚種に対応できる延べ竿の、長くて軽いロッドのことです。

ガイドがないので、穂先に直接道糸を結んで使いますよ。

狙える魚は、波止のメバルやアジを皮切りに、河川の淡水魚・渓流魚も対象となるでしょう。

まさにシマノが提唱するボーダレスな発想で、ウキ・ミャク・探りの釣りを楽しむことが可能です。

ボーダレスGL LモデルのブランクにはスパイラルX構造を採用

このロッドは、長いのに軽く作られたLモデルです。

それを実現するために、ブランクにはスパイラルX構造が採用されています。

これはタテ繊維のカーボンシートを、内側と外側でナナメ方向からカーボンテープを用いて挟み込むように作られています。

重量を増やすことなく、ネジレやつぶれに対して剛性を高めることに成功し、ロッドの強さと軽量化を両立させました。

ロッドの継ぎ目に注目!

ボーダレスGL Lモデルは振り出し竿なので、必ず複数の継ぎ目があります。

そこにGクロスプロテクターを採用し、破損のリスクを軽減していますよ。

玉口の部分にアクセント模様が付いて、精悍なルックスに仕上がっていますね。

2018年新発売の製品ラインナップとスペック表はこちら

ボーダレスGL Lモデル長さ(m)継ぎ数仕舞寸法(cm)自重(g)先径/元径(mm)カーボン含有率(%)メーカー希望本体価格(円)
L630-T6.326119.31500.8/21.199.842,000
L720-T7.227119.31950.8/23.199.848,000
L810-T8.128119.32400.8/24.499.954,000
L900-T9.029119.33100.8/27.499.960,000

ボーダレスGL Lモデルの穂先は、ソリッド素材のタフテックを搭載しています。

さまざまな釣り場で活躍できる可能性を秘めたこのロッドで、数多くの魚を対象にして釣り上げてみてください。

現行モデルのご購入はこちら

シマノ ボーダレス GL ガイドレス仕様 P720-T

シマノ ボーダレス GL ガイドレス仕様 P720-T

最安値価格
¥35,000(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥35,000

シマノの関連記事

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング