ルアー 写真

タイニーピーナッツは2018年新発売のタフコンディション攻略用小型クランクベイト!SRとDRの2種類がラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、バス釣りでピーナッツシリーズのクランクベイトを使ったことがありますか?

1980年代から続く人気のダイワルアー・ピーナッツシリーズ。

その中でもかなり小さい部類に入るタイニーピーナッツが、2018年新発売となります。

その詳しいスペックや製品カラーラインナップをご紹介しましょう。

タイニーピーナッツってどんなクランクベイトなの?

タイニーピーナッツは、全長40ミリしかないコンパクトなクランクベイトです。

リップのサイズが2種類用意されていて、SRのほうは約1メートル、DRのほうは約1.5メートルの水深まで潜るようになっていますよ。

全体的に丸っこいボディデザインですから、体内の空気室を広めに取って、高い浮力を持ちながら沈んでいる障害物をうまくかわして泳ぐように作られています。

タイニーピーナッツの特徴

このクランクベイトは、コンパクトに作られているので、着水音でバスを驚かすことはほぼありません。

逆にその音を聞いて、バスは興味を持って近寄ってくるかもしれませんよ。

そして動き出してからも、コンパクトなボディがハイピッチでウォブリングアクションを繰り返すので、バスは思わず食い付いてしまうでしょう。

小型だからこそ成し得る、リアクションバイトを拾えるアイテムなのです。

2018年新発売の製品ラインナップとスペック表はこちら

タイニーピーナッツ長さ(mm)自重(g)潜行深度(m)標準フックサイズメーカー希望本体価格(円)
SR(短いリップ)404約1.0#10シルバートレブル720
DR(長いリップ)404.5約1.5#10シルバートレブル720

SRとDRを季節や水温によって使い分けよう!

タイニーピーナッツは、季節や水温を合わせて、リップの長さの違いを活用できるスグレモノです。

オンシーズンでバスが活発に浅瀬を動き回っているときは、SRを使ってみましょう。

厳冬期などの極寒エリアでは、バスは活動の層を深場に落とす傾向がありますから、DRを取り出してゆっくり探ってみると良い結果につながりますよ。

2018年新発売の製品カラーラインナップはこちら

タイニーピーナッツには、計10種類のカラーがラインナップされています。

上段左端から順に、下記のカラーネームが付いています。

●クロキン

●スプラッターチャート

●ブルーバックチャート

●ホロクラウン

●クリアレッドタイガー

●スプラッターホワイト

●リバースクロー

●ポンドギル

●マットタイガー

●ブラックチャートベリー

池の水質や沈んでいる障害物・背景の土に合わせて、さまざまなカラーを試してみてください。

定番のクローカラーやチャートカラーも是非キャストしましょう。

現行モデルのご購入はこちら

ダイワ(DAIWA) バス ピーナッツ2 スプラッターホワイト SSR ルアー

ダイワ(DAIWA) バス ピーナッツ2 スプラッターホワイト SSR ルアー

最安値価格
¥634(楽天市場)

Amazonへ ¥792

楽天市場へ ¥634

Yahoo!へ ¥634

ピーナッツの関連記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング