男性 アオブダイ 写真

本命のグレを狙うには!?磯釣りで釣れる魚をもっと知っておこう!サンノジ・ヒメジ・タカノハダイについて徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

磯釣りでの狙い目はグレです。

しかし、同じ釣り方をしていて釣れてくる他の魚のことも知っておきましょう。

釣れてくる魚の種類、そしてその習性を知っておくと、ますます釣りが面白くなりますよ。

同じ釣り方、同じタイミングで、釣れるサンノジ

潮を釣る上物釣りの中でグレを狙っている人は外道という言い方をしますが、地域によっては重宝がられている魚もいます。

中でもサンノジ(ニザダイ)は、グレと同じ釣り方、同じ仕掛け、同じポイント釣れてきます。

グレ釣りで撒き餌が効き出すと、いわゆる餌取りと言われる小魚の次にまとまった潮の中でグレより先に釣れてくることが多い魚です。

水温の暖かい地域の方で多くみられ、複数の群れで泳いでいます。

磯の周りに居ついて微生物や海藻を捕食しているので、まるでグレと同じです。

この魚は扁平でしっぽの付け根はかなりくびれていて、引き応えはかなり強く、扁平さが大きな抵抗になって、強くあしらえばあしらうほど抵抗してきます。

磯際でもかなりの強引さで練習にもなります。

やりとりで竿が揺れるのでサンノジであることは、慣れてくればすぐに気がつきます。

ハリスに小さなガン玉を打つと、餌が完全になじむまでにハリスだけがまっすぐになるので、下向きに唇が付いているサンノジにとっては、かえって餌が見えやすくなり、ガン玉を打っているときの方がかかりやすいです。

ですから、サンノジがかかるようでしたら逆にガン玉を外すか、上にスライドさせるようにしてください。

この魚が釣れるときは、狙い目としては合っていますので、撒き餌のタイミングに注意しなが集中して釣りを継続してください。

この魚は伊豆地方ではお刺身にして食べています。

ほんのりピンク色で肉割れのない魚です。

貪欲に餌を拾うヒメジ、通称オジサン

ヒメジは、名前がたくさんある魚で、色はとってもきれいです。

オジサンのほか海緋鯉、赤チンなど面白い名前があります。

潮に関係なく、シモリ周り、海底などを静かに動いています。

甲殻類、虫えさなど動物性の餌を好んでいます。

潮に関係のない魚なので、これが釣れると言うことは、狙うポイントがすでに違っていると言うことになります。

足下に撒き餌を打ってポイント作りをしますが、その足下の撒き餌に群がる事があります。

磯の上からも捕食しているのがちらちら見えます。

大型の魚が近づいたら見えなくなるので、足下の釣りのモニターとして存在を知っておくといいですね。

この魚は鱗が大きく、ブダイと似た肉質で煮付けにするとおいしいと評判の魚です。

釣りを左右するといわれるタカノハダイ

タカノハダイは、磯釣りの外道では代表選手です。

タカノハダイとよく似た魚で、ミギマキという魚も同じような位置づけですが、潮が流れていない時、餌取りが少ない時に釣れてきます。

というのは、潮が流れていない時はたいてい魚の活性はなく静まりかえっているか、酸素が少ない潮や、水潮といった、魚にとってはとても生きづらい状況下で連れてくることが多く、この魚がいたら他の魚は釣れないとまで言われるくらいです。

体高もあり扁平でしっかりした鰭も付いているので、引き味はそんなに悪いわけではありません。

しかし、なんとなく期待をそぐほどがっくりくる魚なのです。

この魚は深場、磯際に生息し、釣りをしていてよく餌が残る時などにかかります。

粘ればかかってくると言うことは本命がかなり遠いと言うことになります。

味は淡泊で脂っ気がなく煮付けにして食べることもあるようです。

釣れる魚から情報を得よう!

磯釣りをしていて期待の持てる魚と意気消沈となる魚があるのは確かです。

回遊魚は別にして、イサギ、マダイ、イスズミ等は本命が来る可能性があります。

逆にウツボ、タカノハ、アイナメ、ガシラ(カサゴ)等は浮いてくる魚でないため、仕掛けが入りすぎている可能性があります。

でも釣れないから仕掛けをいれていったとも言えます。

釣れる魚から情報をもらって本命を狙ってください。

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング