ヒイラギ しょうが煮 写真 

しょうがで臭みを消してヒイラギをおいしく食べよう!嫌われがちなこの魚の絶品しょうが煮のレシピを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

高知ではニロギ、鳥取ではエノハ、泉南ではジンタとかギンタと呼ばれる白銀色をした小魚がヒイラギです。

地方によって呼び方が変わるのはおもしろいですよね!

釣り上げると蛇腹のようになった口を突き出し、ギュウギュウと音を出して抗議する上に、ヌルヌルの体液を大量に出して釣り人を困らせる少しやっかいな魚でもあります。

ヒイラギは河口などの汽水域がことのほか好きなようで、こんな場所でキスを狙っていると「もう、勘弁してよ」と言いたくなるほどヒイラギばかりが掛かってくることがあります。

そんな嫌われ者の小魚ですが、高知ではニロギ釣りというジャンルがあって、毎年、秋になると大人も子供もこぞって釣りに出かけるそうですよ。

これは釣りがおもしろいというより、食べておいしいからなんです。

今回はそんな実はおいしいヒイラギのおすすめレシピをご紹介させていただきます!

ポピュラーなヒイラギのしょうが煮

ヒイラギは活きがよかったら刺身にもなりますが、大きなものでも片身で一切れしかとれないので、たくさん釣って帰ることが大切です。

最もポピュラーな料理がしょうが煮です。

慣れると何とも思わなくなりますが、ヒイラギには少しクセがあります。

このクセを消すためにしょうがを使うのです。

しょうが煮の作り方

酒と醤油とみりんで味を調え、最後に少し砂糖を加えて煮上げますが、砂糖を入れるときに、薄くそぎ切りにしたしょうがもいっしょに加えるのがポイント。

ここでひと煮立てした後、火を絞ってうまくテリが出るまで煮込みます。

煮汁に染まったヒイラギの身は、意外に筋肉質です。

その身をほぐして口に運んだあと、じっくり噛みしめてみると、この魚が持つ独特の旨みが感じられるようになります。

高知の人が夢中になるのもわかる気がするヒイラギのしょうが煮、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

ヒイラギの地方名のご紹介

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング