エギ 写真

ボートエギング最前線!ボートエギングの中でも人気のあるティップランの最新タックルを大公開!

FISHING JAPAN 編集部

釣り人の皆さん、ボートエギングをしたことはありますか?

ボートエギングは大きく分けてこれだけの種類があるんです。

・船をドテラ流しでアンカリングをしないキャスティング(Sフォール)

・アンカリングをしてのキャスティング

・ドテラ流しでのティップラン

・船を立ててのバーチカル

この中でも今回は、ティップランについてご紹介いたします!

エギは陸っぱりよりも重くしよう!

ティップランでは、主に通常の陸っぱりで使うエギより重い専用のエギを使います。(陸っぱりで使うエギに重りを装着する人もいます)

これは、自重が25g~50gと陸っぱりで使うエギより約10g~30g重くなっていています。

ボートならではの深場も攻めることが出来るので便利です。

風や潮が早い時などは、このティップラン専用エギに、プラスシンカーと呼ばれるシンカーを足して、トータルウエイト90g以上にすることもあります。

ティップランは専用ロッドを使用しよう!

ティップランが流行り、今では専用ロッドが発売されていています。

陸っぱりよりロッドの全長が短くて1.8m~2.4mくらいが主流となっています。

ティップランと一言でいっても遊漁船、プレジャーボートなど様々です。

乗る船、水深、時季、ロケーション、エギの重さなどで使い分けをする方もいます。

そして硬さも様々で本当に迷いどころです。

性能的にもそれぞれに特徴があり、ロッドによってアタリの出方が違います。

その中でもダイワのスーパーメタルトップがアタリの種類が豊富で目感度、手感度が取りやすく、しかも折れにくいと言うメリットもあり、扱いやすいのではないでしょうか。

スーパーメタルトップ以外では、ティップがソリッドになっているものが多く、ティップが繊細で目感度が取りやすいものがいいですね。

ティップランをするにあたっては専用ロッドを使用することをお勧めいたします。

ワンピッチジャークでも疲れにくいリールを選ぼう!

ティップランではワンピッチジャークと言うシャクリ方を用いアオリイカを誘います。

ワンピッチジャークは一釣行でかなりの回数を行いますのでリールは軽いに越したことはありません。

後はドラグ性能が良いものを選ばれることをお勧めいたします。

ダイワのイグジストやエメラルダスなど2500番~3000番がお勧めです。

ラインは細いPEラインで深場を攻めよう!

ラインは、今やエギング全般においてPEラインが必要不可欠です。

太さは0.4号~0.6号で、細ければ細いほど深場を攻めるには武器になります。

実際に試してみよう!

釣り人の皆さん、いかがでしたか?

今回は、ティップランでは必ず使用するエギ・ロッド・リール・ラインについてご紹介しました。

ボートエギングをやったことある方もない方も、ぜひ一度試してみてくださいね!

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング