リール 写真

アオリトライアルBRは2018年新発売となるヤエン釣り専用スピニングリール!アオリイカを取り込むための機能を大公開!

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから2018年に新発売となる、アオリイカのヤエン釣り専用スピニングリール、アオリトライアルBR。

その詳細なスペックや製品ラインナップをピックアップしてみましょう。

ところで皆さんは、ヤエン釣りってやってみたことがありますか?

アジを先にポイントへ沈めてから、アオリイカが寄って来て食べ始めたタイミングで、ヤエン仕掛けを投入する釣り方です。

そのアプローチにこのリールがとても役立つんですよ。

2018年新発売のアオリトライアルBRとはどんなリール?

アオリトライアルBRとは、ヤエン釣り専用のスピニングリールです。

ヤエン釣りで狙うのは、良型のアオリイカ。

紀伊半島の南部エリアでは、ヤエン釣りでアオリイカを狙う釣り人で賑わっていますよ。

アオリトライアルBRの注目すべき特徴!アオリクラッチシステム

このリールを後部から眺めると、その個性的な機能が見てとれます。

まずは、アオリクラッチシステム。

リールフットの付け根部分に付いているアオリクラッチを、オンにします。

レバーを上げた状態がオンなのですが、それによってフロントドラグが機能し、掛かったアオリイカとのやり取りがスムーズにおこなえますよ。

アオリクラッチをオフに、すなわちレバーを下げた状態にすると、リアドラグが機能するようになり、アジを泳がせてアタリを待つことができます。

各部パーツ 写真

左がアオリクラッチ、右がリアドラグ

出典:ダイワ

リアドラグでアオリイカとのやり取りを楽しもう!

アオリトライアルBRのリアドラグは、厳密にいえば、スプールフリーの調整ダイヤルの機能になります。

ドラグ自体は元々フロント部分に搭載してあるので、リアドラグはスプールをフリーにするかどうかの調整をおこなう役割を担っているのです。

ジェット噴射で逃げているアオリイカとやり取りするのに向いているといえるでしょう。

製品ラインナップとスペック表はこちら

アオリトライアルBR巻取り長さ(cm)ギア比自重(g)最大ドラグ力(kg)糸巻量(ナイロン号-m)ハンドル長さ(mm)ベアリング数(BB/ローラー)メーカー希望本体価格(円)
2500BR765.1未定63-150503/16,000
夜光2500BR765.1未定63-150503/17,000

アオリトライアルBRの夜光モデルには、発光ケミカルライト(直径2.9ミリ)をスプール前方の溝部分に装着できる仕組みになっています。

これによりアジをイカが引っ張れば、スプールが回転して夜間でもアタリを見逃すことがなくなりますよ。

ラインが引き出されるとクリック音も鳴り響く機構が付いているので、より一層アタリに敏感になれます。

便利機能満載のこのリールで、2キロクラスのアオリイカを狙ってみたいですね!

現行モデルのご購入はこちら

リールの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング