ルアー 写真

クローラーベイトってどうして釣れるの?ビッグフィッシュキラーと呼ばれる理由を徹底分析!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、クローラーベイトを実釣で使ったことがありますか?

ボディの両サイドに金属の羽根のようなものが付いている、トップウォータールアーです。

羽根が付いているので昆虫や鳥を想像してしまいますが、実は弱った魚を表現するのに、これほど適したルアーはない!といわれているんですよ。

ああ、だからビッグフィッシュがよく釣れるのか!とここまでは理解できるのですが、ではなぜ弱った魚と羽根が結び付くのでしょうか?

ここでは、クローラーベイトが釣れる理由について、掘り下げてみましょう。

クローラーベイトといえば元祖はクレイジークローラー!

クローラーベイトの元祖は、画像に映っているアメリカのルアー・ヘドンクレイジークローラーです。

丸くて小さなボディが、2枚の羽根によって水面をバタバタ泳いでくれる、使って楽しいルアーのひとつですよ。

よく釣れるのはいいのですが、実は大きな欠点が存在しています。

何だと思いますか?

ビッグフィッシュ狙いのクローラーベイトにするには?

クレイジークローラーの欠点は、軽いことです。

両翼を大きく広げても、その抵抗だけでは簡単にラインの引っ張りに負けてしまい、その場から動き出してしまいます。

広範囲をスピーディーに探るつもりなら、それでもかまいません。

でもそんな使い方をしていたら、頻繁にビッグフィッシュを獲る!というわけにはいかなくなるのです。

軽いままではダメ!重さがあることでその場に留まろうとするクローラーベイトになる!

そこで各ルアーメーカーが試みたのは、数釣りルアーから脱却し、ビッグフィッシュを確実に誘い出す、現代のクローラーベイトへの進化です。

軽いままではなく、重くすること。

こうすることで、着水地点からの移動距離を最小限に抑えつつ、超デッドスローな巻き取りにもピクピク揺れてくれるクローラーベイトが出来上がるのです。

水面でピクピク!というアクションこそ、弱った魚そのものではないでしょうか。

クローラーベイトの魅力を分かりやすく解説している動画はこちら

最近になって、ようやく重いクローラーベイトがリリースされるようになってきました。

具体的には、2オンスを超えるくらいの自重のものがおすすめです。

それだけ重ければ、ゆっくりと水面を移動させながらビッグフィッシュを誘い出すことが可能になります。

上から押さえ付けるようなバイトが多くなるので、フックはできればボディの横(=側面)に付けたいのですが、まだそういう仕様のクローラーベイトはあまり見かけませんね。

今後に期待しましょう。

いや、あなた自身で作ってみるのもいいかもしれませんよ!

おすすめのクローラーベイトはこちら

JACKALL(ジャッカル) メガポンパドール テーブルロックガエ~ル

JACKALL(ジャッカル) メガポンパドール テーブルロックガエ~ル

最安値価格
¥3,446(Yahoo!)

Amazonへ ¥4,017

楽天市場へ ¥3,662

Yahoo!へ ¥3,446

関連記事

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング