リール 写真

待望のアンタレスDC MDが2018年3月にいよいよ登場!そのスペックと製品ラインナップを徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

シマノから2018年に新発売されるアンタレスDC MDの詳細スペックが、明らかになりましたよ。

このリールは、現行モデルであるアンタレスDCを、対大型魚用にブラッシュアップした仕様になっています。

どんなふうに変わったのか、製品ラインナップとともにチェックしてみましょう。

2018年登場のアンタレスDC MDってどんなベイトリールなの?

アンタレスDC MDは、ビッグベイトやジョイント系スイムベイトのような、ボリュームの大きいルアーを扱うことを見据えて、リールの各部に専用設計を施したベイトリールです。

なんといっても際立つ特徴は、スプール径が37ミリから38ミリへ大型化されたこと。

これにより、ナイロンラインの20ポンドが100メートルも巻き取れるようになっています。

じゅうぶんなラインキャパは、釣りそのものを幅広く懐の深いスタイルに変えてくれるでしょう。

100メートルもの余裕があれば、目いっぱい飛距離を伸ばすキャストにもトライできますよね。

アンタレスDC MDのギア比は7.8対1!

このリールのギア比は、7.8対1です。

スプール径が38ミリですからハンドルを1回転させると、なんと93センチもラインを引き寄せることができるのです。

ロングキャストをおこなった後のラインスラックを瞬時に巻き取って、ルアーに食い付いてきた魚に主導権を与えない展開に、素早く持ち込めそうですね。

シマノプロスタッフの村田基さんによるアンタレスDC MDのインプレ解説動画はこちら

8段階の電子制御ブレーキを搭載

アンタレスDC MDのブレーキは、電子制御による8段階ブレーキが搭載されています。

これを4×8 DC MDチューンと呼んでいますよ。

このブレーキシステムなら、空気抵抗の大きなルアーでもバックラッシュトラブルを気にすることなく扱えますね。

海水エリアでの使用もOK、ソルトゲームが俄然楽しくなりますよ!

製品ラインナップとスペック表はこちら

アンタレスDC MDギア比最大ドラグ力(kg)自重(g)糸巻量(lb-m)巻上げ長さ(cm)ハンドル長さ(mm)ベアリング数(BB/ローラー)メーカー希望本体価格(円)
MD XG RIGHT7.86.023520-100934510/176,000
MD XG LEFT7.86.023520-100934510/176,000

新しいアンタレスDC MDのハンドルに注目してください。

全長45ミリと小振りに抑えたままにしてくれているんですよね。

48ミリとか50ミリとか、長くなる一方のハンドルですが、実用面での使いやすさを優先すると、45ミリサイズというメーカーの選択に納得です。

ハンドルの全長が長くなると、ノブをつまんで回転運動をするときに、その支点がヒジになってしまいます。

ヒジが支点の回転運動は、規則正しく等速でリトリーブし続けるのが難しくなるというデメリットが発生しやすいのです。

その点ハンドルの全長が短いと、ヒジではなく手首を支点に回転運動をおこなうことができますよ。

手首支点なら、運動自体がコンパクトになるので、等速で丁寧なリトリーブが可能になります。

魚からの微細なバイトを見逃さず、素早くフッキングに持ち込めるメリットが得られるでしょう。

これからの季節なら、シーバスをビックベイトで狙っている釣り人などに、是非おすすめしたいリールといえますよね!

製品のご購入はこちら

ベイトリールの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN 編集部

FISHING JAPAN編集部は5人体制で編集やサイト運営を行っています。

ライターは、釣り歴40年以上のベテランや釣り雑誌元編集長、人気インストラクターなど、バラエティに富んだ総勢15名が在籍し、幅広い記事を毎日配信しております。

上級者から釣りを全く知らない方にも、魅力を様々な角度からお伝えし、釣りに興味を持ってくださるきっかけとなるように今後も力を入れて参ります!

このライターの全ての記事を見る

DAILYランキング