アイテム 写真

ルアーキャッチバーに2018年追加アイテム登場!そのスペックと製品ラインナップをチェック!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、ルアーが障害物や水底に引っ掛かったらどうしますか?

ラインを切って放置すれば、釣り場のゴミを増やしてしまうことになりますし、お気に入りのルアーなら取り戻したいですよね。

そんなときに便利なのが、ルアーキャッチバーというアイテム。

その追加サイズ・300が2018年にリリースされますよ。

製品ラインナップやスペックを詳しくご紹介しましょう。

2018年に追加サイズがリリースされるルアーキャッチバーってどんなアイテム?

ルアーキャッチバーとは、ルアーが根掛かったときに回収作業をおこなうための伸縮可能な便利アイテムです。

潜って泳ぐ機能を持ったクランクベイトやスピナーベイトは、水深のあるエリアで引っ掛かってしまうことがよくあります。

そんなときあなたならどうしますか?

無理矢理ラインを引っ張ると、破断してしまう恐れがありますよ。

ルアーキャッチバーの使用方法

ラインを切らずに引っ掛かったルアーを回収したいとき、このルアーキャッチバーがあれば便利ですよ。

まずはラインに螺旋状になっているパーツを引っ掛けてください。

ラインを張った状態で、スルスルとルアーキャッチバーを伸ばしていきます。

そして何かにカチッ!と当たったなら、ルアーキャッチバーを振ったり揺らしたりしてから、ゆっくり縮めてくるのです。

上手くいけば1回のアプローチでルアーを回収できるでしょう。

取り扱い上の注意点をチェック!

ルアーキャッチバーを取り扱うときの注意点があります。

あまり強く引っ張ると、ラインが切れてしまうことがあります。

それから揺さぶりが強いと、ルアー本体を傷つけてしまうことも想定してください。

ルアー回収後は必ずラインチェックをして、いきなり破断しないように結び換えることをおすすめします。

製品ラインナップとスペック表はこちら

ルアーキャッチバー長さ(m)継ぎ数仕舞寸法(cm)自重(g)メーカー希望販売価格(円)
2402.4395.54802,800
3003.03113未定3,500

ルアーキャッチバーがあればルアーの根掛かりを気にせずに、大胆に攻めることができるようになります。

それが釣果アップに必ずつながりますから、是非手元に1本置いてもらいたいですね。

製品のご購入はこちら

テイルウォークの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング