ルアー 写真

ルアー釣り用語をいくつ知ってる?トから始まる専門用語をマスターしよう【5選】

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、ルアー釣り用語の意味について、自信を持って答えることができますか?

今回は、トから始まる専門用語を集めてみました。

トゥイッチって何?

ドロップオフとは何を意味しているの?

5つの用語を選びましたので、是非覚えてくださいね!

ルアー釣り用語・その①トゥイッチとはどんな意味なの?

トゥイッチとは、ルアー釣り用語でロッドアクションのひとつです。

リールでラインを巻き取りながら、穂先をチョンチョンと小刻みに動かしてみてください。

ラインの先につながっているルアーが、移動距離を短くしながら不規則なアクションをおこなってくれるでしょう。

これがもう少し大きくアクションすれば、ジャークと呼ぶようになります。

ミノーを操るときによく使う言葉ですね。

ルアー 写真

ドッグウォークを駆使して魚を釣る

ルアー釣り用語・その②ドッグウォークっていつ使う専門用語?

ドッグウォークとは、ペンシルベイトのアクションを表す専門用語のことです。

犬が散歩しているときのように上手く左右に首を振らせるには、ラインのたるみを活用しなければなりません。

その③土用隠れ

土用隠れとは、夏の土用の日前後によくある水温が高い期間に、魚が深場に移動してしまって釣れなくなることを意味しています。

強い陽射しが続くと水温が急上昇するので、魚がどこかへ隠れてしまったかのような現象が起こることがあります。

コケを食べている川鮎などは、まさにこの状態に陥るでしょう。

それがちょうど夏の土用の時期に重なることから、魚の土用隠れと呼ばれるようになりました。

その④トロ場

トロ場とは、川の流れが緩やかになっていて、ある程度の水深があるポイントのこと。

浅くても、浅トロと呼ぶことがあるので、最近ではあまり水深の有る無しは問われなくなりました。

その⑤ドロップオフ

ドロッブオフとは、ルアー釣り用語で急に水深が深くなるポイントのこと。

通常のカケアガリよりも急斜面な場合が多いですね。

水面 写真

まさにドロップオフ

トから始まるルアー釣り用語をいくつ知っていましたか?

まだまだ覚えなければならない専門用語はたくさんあります。

ひとつずつ確実に自分のものにしていきましょう。

ルアー釣り用語の関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング